FC2ブログ

ペドロとペコムズの件はどうなるんだろう

第895話まできました。
あとは どうすればイイかも分かってきました。

でも…

あの事はどうなったの? というのがありますよね。
例えば ペドロとペコムズの事だとか。
未回収で終わるとは思えないんですよね。


FC2Blog Ranking

皆の心はわかったきに!!
けんどここはペドロに任せい
ペコムズがおるきに…!!
あガラを抑えられるんは
ペドロしかおらんきのう!!

(ONE PIECE 第822話)





ひとつ前のゾウ編でのヒトコマ。
誰もがルフィ達とホールケーキへ行きたい。
そう願う中、
ネコマムシはペドロを指名したんでしたよね。
ペコムズがいるから、の一言で皆んなも納得。
何があるんだろな…と思ってたらペドロは自爆。
あれ? あれ? って状態です。

ペコムズの姿も いつからか見えなくなった。
モンドールやニワトリ伯爵は出てくるのに。

現在 満月が上がってます。
ペコムズは色メガネ(サングラス)をしてます。
ミンク族のスーロン化とペコムズ。
ここにも何かありそうなのに 何もナシ。
ドンドン 次へ次へと進んできました。
ただ…

何を置いても ペドロの生死です!


まぁ、 死んでしまってても
上記のネコマムシのセリフは生きてきます。
ペコムズを抑えられる者がいなくなったって事です。
それはそれで物語は動くんです。


でもね?


ペコムズがいるのは
おそらくはホールケーキアイランド。
現在の物語の主要な舞台は
遠く離れたカカオ島と その近海に移ろうとしてる。
今更 ペコムズが何をしたって… ねぇ?
どんな影響があるんだって話なんです。


カカオ島とホールケーキアイランドでは
あまりにも離れ過ぎてしまってるんです!




どれだけ離れた場所であっても、
ブリュレの鏡世界を使えば一瞬ですけどね。
しかし、
それを使って後戻りはしないと思うんです。
ルフィ達は後ろを振り返らない。
それをすると、
せっかくのペドロの覚悟が無になってしまう。
ルフィが鏡から出てくる為だけに鏡はある。
それでブリュレも鏡も用済みだと思うんです。



でも、ひとつだけあったんです!



ホールケーキアイランドとカカオ島を繋げそうなモノが。


とはいえ シーザーを出そうというのではないです。


これです。



この図書館の本には
世界中の珍しい生物達が
封印されてんだ!!
我が子モンドールの能力だよ

(ONE PIECE 第847話)





ホールケーキ城にあった図書室です。
そのコレクションの中に見つけたんです。


“南の海”で
見つけた
グリフォン



飛べるんじゃないのかなぁ。
グリフォンというのは、
鷲の翼と上半身、ライオンの下半身を持つ伝説上の生物。
これが もし解放されたりすると…
遠く離れたカカオ島へと、って話も可能では?と。




ペコムズがスーロン化か何かで暴れ出す。
それによって
ホールケーキアイランドのモンドールが気絶。
本の能力が解除される。
うまい具合にホールケーキ城は倒壊しています。
続々と珍獣達が外に逃げてくる。
そこに死んだと思われていたペドロ登場。
ネコマムシが言ってた様にペコムズを抑え込む。
ペドロはグリフォンに乗ってカカオ島の方角へ。
サンジ「寝てたんじゃないのか?」
大泣きしてブルックもペドロに抱きつく。


こんな妄想(笑



色んな事が 一気に繋がって回収される。



難しいですかね〜。



でも あの図書室の本は頭から離れないんです。
「助けてくれ〜」って言ってました。
これを放って行くのもスッキリしないんです。
どうにかならないものか、と。
ちょうどホールケーキアイランドにはペドロを残してきました。
彼が生きてると予想される方も少なくないハズ。
この2つを繋げられればって話なんですね。
フト思ったんで書いておこうかと思いました。




ありがとうございました!!!


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

No title

こちらも

ペドロとペコの件は回収して欲しい伏線。
未回収でWCI編がクローズしたら吠えます‼︎

モンドールの能力解除って 燃やす じゃなかったです?
は、置いといて
グリフォンで繋げるとは
いや〜相変わらず冴えてらっしゃる。
グリフォン… 頭の片隅にすらありませんでした。

あのコレクションが放置っていうのも後味悪いですしね、
そことペコ&ペドロを絡めて本筋復帰の展開ですか。

感服っス( ̄^ ̄)ゞ

Re: No title

ひこさん! コメントありがとうございます!

本を燃やすのが一つの方法なんですけどね。
能力者自体を気絶させれば 本の能力も解除されるのかなぁと。
本も能力で出したモノだと思ってますんで。
どうなるか見守りたいです!

で、
本の中に閉じ込められてる者達は色々と気になってます。
その中にいる間は年を取らないとか。
何かありそうな気がしてます!
誰か 重要なキャラがいたりして? なんて。


これからも色々と記事にしてみたいと思ってまーす!

ここで図書館⁉︎

ペドロもペコムズも図書館もまだ未回収ですからねぇ。

今から絡んで来ると思うとおらワクワクすっぞ!って感じ。
キーワードはモンドールのいる場所ですかね。
そこで一波乱起きる、そこにはステューシーやモルガンズもいるので図書館から出てくる人物によっては大変な騒ぎになりそう。
次回以降が楽しみです★

Re: ここで図書館⁉︎

ウエッティさん! コメントありがとうございます!

やっぱり未回収ですよねぇ?


もう このまま終わりそうな雰囲気ありますけど。
このホールケーキ編で出してくると思うんですよね。
だからって、 どう今の展開に絡めるのかと言われると…難しい(汗
それ程は長引かせずに組み込んでくるのかなぁ。
ま、ここはオラもワクワクして待ちたいです! 笑


ひとまずは 次ですね!
ホント楽しみだ〜!

今こそ 自由を!!!

ひっしさん こんばんは
「今こそ自由を」・・・まるで 圧政に苦しむ民衆を奮起させるブロバガンダみたいなサブタイトルですみません。

>本の能力が解除される。
うまい具合にホールケーキ城は倒壊しています。
続々と珍獣達が外に逃げてくる。
👆 以前 ひっしさんが書かれた考察記事「囚人図書室は反乱分子の巣窟」 と、関連されますね。

>これを放って行くのもスッキリしないんです。
どうにかならないものか、と。
👆「反乱分子の巣窟」でもボクが書いたことですが また 再び 書きます。っていうか引用します。

”モンドールの能力によって 生きたまま珍獣コレクションを標本にしてるのですから 万一 彼が倒された場合 能力が解けて 標本にされた珍獣たちが標本の外に出てきてしまい ホールケーキ城大混乱の事態。
ドレスローザでシュガーが倒された時も国中が大混乱になりました。絶対そうなる。 ”
 

それに対して ひっしさんの お返事は・・・

”膨大な数の本がありまして。
年を取らずに生きてます。
外に出るのを諦めた者、助けてくれと嘆く者の他にもね。
恨みを蓄積してる者達もいるハズで。
ルフィ達が解放したのなら、救ってくれた恩人であって。
この先の物語にも手助けして貰える者も出るでしょうし。
まず 本の解放はありますね。 ”

”それがどんなカタチなのかに大注目なんです。
モンドールを倒すのか。
別の方法になるのか。
見ものなんですが。 しかし 待ち遠しいっす。”


 この標本の能力から解放されたら そりゃあ 怒りをむき出しで暴れまわりますよ。自由を奪われていたのですから。ビッグマム軍団は精鋭ぞろいにしても この大群には手を焼くでしょうから。

 まさに、今こそ自由を、です

マムの珍獣コレクション癖が かえって仇になる時がきますかね?見守りましょう。

Re: 今こそ 自由を!!!

zebraさん! コメントありがとうございます!

こんばんは〜!


もう このホールケーキには戻ってこないと思うんです。
今回 脱出に成功したなら、です。
また同じ島で戦うのかよってなりますもんね。
そんな事を尾田先生がするかなぁと。
だったら 図書室の本は今じゃないかと思ったんですね。
もうルフィ達は遠く離れた場所にいるんだけど。


まぁ しかし難しいですよね。


やっぱり恨みは相当だと思います。
本の中に閉じ込められてる者達は怒ってるハズ。
これをどう今の流れに絡めるかなんですよね。
少し待ってみたいです!


どうなるんでしょね。 ふふふ
非公開コメント

| 2018.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

ページトップへ