シャンディアVS敵意に関する考察

私は、 空白の100年ってのは、
まさに空白であり、そんな100年間など
どこにも存在しないという立場をとっています。

そうなると、
なぜ そんな事をしなければならなかったのか?

こういう疑問が出てきますよね。


私はね?
本来なら 100年間の空白など
作る必要なんてなかった。
ただ ある巨大な王国に関する
全ての情報を かき消すのみで事足りると、
20人の王達は考えていたと思ってます。

しかし、
それじゃァ 辻褄が合わない事態になった。

だから、
空白の100年を作り出し、
世界政府成立直前の
ほぼ800年前の事柄を 900年前の出来事だと
20人の王達の国々と ある巨大な王国以外の、
全ての加盟各国に錯覚させる必要性が出てしまった。

そんな理由について 私は 前回の記事に、
敗けてしまったからだと 書きました。
続けて考えて行きましょうか!


まだ (たぶん)誰も読んだ事のない、
古くからの謎なのに、こんなにも新しい!
このブロクでしか味わえない
ONE PIECE考察の続きを どうぞ お楽しみ下さい!
黄金都市シャンドラは滅びました。

今から800年前に。


しかし、
シャンドラの戦士達シャンディアの子孫は
こう言います。
CIMG5518.jpg
勝った と。

どういった敵と戦ったのかは
詳しく説明されませんでしたが、
ここは 20人の王達による連合国と考えて
差し支えない様に思います。

歴史の本文(ポーネグリフ)を守る戦いだったと
400年前のカルガラも
今に生き残るシャンディアの酋長も
作中で明言していましたからね!
ポーネグリフ狙いで破壊活動なら連合国でしょう。
800年前という時代背景からしても。


で、
シャンディアが勝ったって言ってるんだから
彼らは
ハッキリと 目的は達成したと考えてる。
敵は 目的を達成できなかったんだ!

でもね?

どうして勝ちに こだわらなかったんだ?


連合国(後の世界政府)は、 です。



私は こう考えました。
一定の目的は達成してたんだろうな、と。

それが コレだね。
CIMG5517.jpg
町の書物の類いは 全て燃やされ
都市の歴代は絶やされていた


 
 
さてさて、 そこでだ。
シャンディアが勝ったと言うのは、
ポーネグリフを守り抜いたからです。
都市は滅びようとも
それさえ守れたなら敗けた事にはならない。
むしろ、勝利を収めた事となる。

しかしながら、考えてみると、
ポーネグリフの全てが
政府の管理下になっていたワケではない。
もしも そうなら
オハラは
CIMG5521.jpg
ポーネグリフ探索チームなど派遣しない。

クローバー博士達 オハラの考古学者は
五老星が恐れる程の段階まで
歴史の謎に迫っていましたから、
世界政府成立からの800年、世界中には
まだまだ 重要な記述を含むポーネグリフが
存在し続けていたって事さ。


なら、

シャンディア以外の世界中の各地で、
連合国は連敗状態だったのだろうか?
ポーネグリフの番人達との戦いにおいて。

違うんじゃないかな?


シャンドラだけ、
特別 こだわったんじゃないだろうか。


アラバスタのケースは置いておくとしても、
魚人島のポーネグリフについて
争いがあった様には描かれては いない。


え?

あのポーネグリフが

ポセイドンを記すポーネグリフだったから?
 
 

それはない!!!

そこに書かれている内容を
連合国(後の世界政府)が知っていたなら、
知っていての シャンドラでの対決なら、
先述した様に、もっと他の場所のポーネグリフも
管理下に置いて
クローバー博士の大胆な仮設という事態は
回避されていたと思うんですよ。
知らないんだよ。
古代兵器の事も含め
書かれている全体像は把握していても
個別の内容までは わかんないんじゃないかな?



実のトコロ、
ポーネグリフの攻防ばかりに頭が行っちゃうと
大事な何かを
見落としてしまうんじゃないだろうか?

シャンディアVS敵意(連合国)
ってのは、
表向きは 都市の存亡を掛けた戦いなんだが、

もう一つ 裏がある様に思うんです!

 


連合国側は
シャンディアを根絶やしにしたかった。
それが叶わなかったんじゃないかな?

今のバスターコール並みに
CIMG5522.jpg
生存者ゼロの島にしたかった!

その為に 徹底的に叩いたんだと思う。


でも ダメだったんた!


しかし、
どうして、シャンディアに こだわる?

それは、 彼らが
CIMG5519.jpg
歴史を紡ぐ者 だからだと思う!


本当は 全滅させたかったのだが
ここで引いても、
シャンディア達は 自分達と同じく
侵入者は 全て排除し、
誰とも接触する事はないだろうと
思ってた。

ところが 不測の事態が起きた。
CIMG5523.jpg
ノーランドの 黄金郷発見だ!

黄金郷を発見したって事は
ジャヤの内陸の 窪んだ場所にある
都市まで到達してるって事だ!
どう考えたって
島の住人と接触し 都市へと辿り着いてる。
こう考えたハズだよね?

聖地マリージョアは
黄金に目が眩む ルブニール王国国王の要求に
許可を出しません。
ジャヤに行くには 聖地マリージョアを通るより
他に方法など ありませんから、
許可を取らねば出発もままならない。


でも
5年後に 許可が取れるワケですが、
これは、
偶然にも ノックアップストリームによって
ジャヤが割れて
島の半分が 空へ飛んだからだと考えられる。


聖地マリージョアは、
黄金郷が、はたまた ポーネグリフが、
空へ飛んだから
許可を出したのでしょうか?


 
それだけでしょうか???


 
わたしは 考えました。
CIMG5525.jpg
無人のジャヤへと変貌したからじゃないの?


おそらく 歴史を紡ぐ者 という
シャンディア達が 誰かと接触するのを
聖地マリージョアは恐れてたんだ!
 
シャンディアは ポーネグリフを読めない。
ノーランド達も ポーネグリフを読めない。
なら、
何の脅威が去ったから 許可を出した?
両者の接触の可能性が無くなったからかな?


なにせ、 彼らは知ってるんだ!


絶やしたハズの 都市の歴史を!
CIMG5520.jpg
都市の 慰霊碑 だ!!!
 
 
海円歴402年
今から 1100年以上も前 
都市は栄え
滅んだのは、、、
800年前、、、!!!

 

これを建てたのは、
800年前に シャンドラが滅びてから、
400年前に 空へと飛ぶ事となる間に、
シャンディア達が建てたモノだ。

空へ飛んだ瞬間から
大地は 空の者達に奪われたのだから、
生き残りの子孫が コレを残すなら
その400年間としか 考えられない。


もう一つ みなさんに聞いてみたい!


シャンディアと自ら呼び表す
カルガラ達の先祖は、
黄金都市シャンドラの住人だったのでしょうか?

その通りだよ、 って方に
更に聞きたいです。


都市が滅びてから400年が経ちましたが、
なぜ カルガラ達は
都市を修復して 住まなかったのでしょう?

なぜ
都市の残骸とは 
CIMG5527.jpg
CIMG5526.jpg
建築様式の違う建物に住むのでしょう?
 
角ばった建物 ⇒ 黄金都市
円筒形の建物 ⇒ シャンディアの村

 
トーテムポールの鳥も
サウスバードではない!
 


かつて 都市を形成して暮らしていた人が、
壮絶な戦いで 一度 滅んだといっても
カルガラの時代までの 400年もあれば、
元に戻る、 が 言い過ぎとしても
もう少し 回復するものでしょうに。


って事は、

黄金都市シャンドラに住んでいたのは
カルガラ達の先祖ではない。
と 同時に、
カルガラ達の先祖は
黄金都市シャンドラには住んでいなかった。

こういう事に なるんじゃないかな?
 
シャンドラの遺跡が 故郷なのは、
厳密には
彼らにとって「第二の故郷」という事?


たぶん、
黄金都市シャンドラには、
謎の人々が 暮らしていた。



 
シャンディア達は
その謎の人達に 成り代わって戦った。
姿を その人達に似せて、 です。
ピアスの様に 付け替えが可能な翼を
背中に付けて、、、。
こういう事だと考えているんですが、
ここからは、今回の記事では 足の伸ばし過ぎ。
どこまでも続いて止まりませんから、
空白の100年の考察の後っ。 
このへんの考察も 楽しくなりそうです。


 
でね?
 


シャンディアは
古くからの黄金都市の住人ではない、

にも関わらず! だ!



海円暦402年  栄えた


こう記述してるって事!

滅びる300年前の歴史を記述している。
すなわち、
かつて 黄金都市に住んでいた人から
聞いた情報を 刻んでいる。
そこに 海円暦 が 出て来てるんだ!
こう解釈してみては どうだろう。


400年前 ノーランドが日誌に書き付けた
CIMG5524.jpg
海円暦という暦。
同じく シャンディアのカルガラ達の先祖も
使って来ていたと考えられるでしょうか?
シャンディアと呼ばれる者達の
数々の閉鎖的な民族性からは とても、、、。
そう思いません?
 



シャンディアの酋長の言葉、
CIMG5528.jpg
時の闇に消えた
重要な歴史を有している

 
 
ってのは、
古代兵器ポセイドンを記していた
ポーネグリフの事ではなく、
この慰霊碑の記述なんじゃないかなァ?


 

要するに、
ロビンが 読み上げた 2つの内容。

・海円暦402年に栄えた
・滅びたのは800年前


これこそが、 800年前に連合国が
何としてでも シャンディアを根絶やしにし、
消さなくては、と 考えた理由であり、
それを 断念した 20人の王達は、
シャンディア達が記憶する、
上記の 2つの歴史と
辻褄を合わせる必要性に駆られた。
 
 




その、
シャンディアの前の 黄金都市の住人が、
もしも、
ある巨大な王国の人々であったならば、

跡形もなく消えたと思われた
ある巨大な王国の歴史が、
シッカリと 受け継がれてしまってる。
受け継ぐ 生き証人が存在する。

こういう事態に発展してるんだね。


その、
シャンディア達の 海円暦と
20人の王達による 海円暦とに
ズレが生じていたのを
知らんぷり できなくなっちゃった。

真実が そこに存在してるから。
 

 
 
シャンディア達は
 
真意を心に
口を閉ざ(せ)す ワケなんですが、
 
その存在そのものが
20人の王達を 恐れさせていた、、、。
 



こう考えるワケなんですが、
この記事の冒頭の問いには
まだ 完全に答えを出していません。
それは 次回の記事に持ち越します。
そこには、
ドンキホーテ・ドフラミンゴの
「血」と「運命」を 絡ませて
もう一歩 踏み込んでみたいと思います。
 
 
ありがとうございました!!!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

ONE PIECE(ワンピース) ブログランキングへ
関連記事

タグ:ONEPIECE

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ