FC2ブログ

【第920話考察】光月トキの“旅の終着点”

この不思議な“トキトキ”の能力で
未来へ未来へと旅をして
遂に辿り着いたの… 旅の終着点

(ONE PIECE 第920話)




旅の終着点。


それは夫である光月おでんだったと考えられます。
何を目的に光月トキは未来へ旅して来たのだろうか。
そこには
どんな秘密が隠されていたというのでしょう。

FC2Blog Ranking

「遂に辿り着いたの…」



こう話してます。
ずっと探して来てたんだと思うんです。
未来へ、そしてまた未来へ、と。
そして、
ようやく見つけたんだって事だと考えます。



この人だ… と。


それが



光月おでんだった



きっと、トキにとって重要な何かが
光月おでんにはあったんだと思うんです!



トキが いつから旅を始めていて。
どれだけの人と出会い、
光月おでんに巡り会えたのかは分かりません。
彼女が
空白の100年の出来事を知るのかも不明。


そこで。


【この問題を考える上で最も重要な事】



トキの旅の終着点と、
空白の100年に端を発する長い歴史の終着点。
ここには大きなズレがあるんです!
トキは終着点に至ったと言う。
しかし 後者の歴史の終着点はまだなんですよ。

光月おでんとロジャーはラフテルに辿り着いた。
でも 世界はひっくり返ってなかったんです。
彼らは歴史の全てを知り、世界の秘密を知った。
しかし、
それを背負って世界に戦いを挑みはしなかった。
ここについては、
ルフィの これからを待たねばならないんです!

言ってしまえば、
光月おでんとロジャーの旅は終わってない!
ひとまずの終着点ラフテルには辿り着いていたとしても。
だからこそ、
世界の秘密は秘密のままに置いたんでしょう。


ポイントは ここのズレなんです!



トキの旅の目的というのはね?
この世界を股にかける様な大きな話とは別で。
ごくごく個人的な何かではないか。

そうは言っても、
空白の100年の出来事だとかと密接な関係もありそう。



ここまでを
まず考える上での基礎としてみました。


次にコレです。



【過去には決して戻れない】



過去には戻れないから未来へ。
未来へ何かを探しに旅に出た。
探し求めていたのが光月おでんだった。
こういう事かな? と。



トキは…
過去に戻って会えない誰かを
探す旅に出てたんじゃないか




その誰かは死んでしまったんだけど。
その魂は死なず。
未来のどこかで また生まれ変わると信じて。
いや、
そういう事が起こるのをトキは知っていたのかも。
その魂、または意志。
それを宿して生まれる者が現れるのを。
ずっと探してた。
そして やっと見つけた。
それが光月おでんだったんじゃないかな?



そのトキの探した誰かというのが、
20人の王達に滅ぼされた王国の人であって。
かの王国の人達は死んでしまった。
しかし その魂(意志)は不滅で。
未来の誰かに宿って生まれ変わる様になってたのかも。
ジョイボーイの魂(意志)も
誰かに宿ってるんじゃないだろうか。
おそらくはルフィ。


ジョイボーイは
魚人島に約束を果たしに代わりの者が行くと言ったらしい。
それは、
自分の魂(意志)が宿る者が行くからって事だったのかも。



そういった者達こそが
万物の声が聞ける者達なのであって。
何も“D”を名に持つ者に限らない。
(光月家が実は“D”なら話は早い)
特別な魂(意志)を宿す者だけが万物の声を聞く。
こういう事なのかなぁ。




まぁ 想像に想像を乗せた内容ですけど。


探し人が 光月おでんだったと思うんです。
ならば、
どんな 誰を探してたんだって話でして。


現世で結ばれなかった誰かの復活を信じて。
未来へ探しに旅をしたんじゃないのかなぁ。
その性格も生き様も
光月おでんは瓜二つだったんじゃないだろうか。
その魂(意志)が宿っているから、と。



どうでしょうか。




ありがとうございました!!!

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村




関連記事

Comment

No title

自分も全く同じ想像をしました。
空白の100年の時代、トキはおでんに生き写しの誰か(というよりおでんがその人に生き写し)と恋仲だったんじゃないかと。
しかし「敵」との戦いの中で引き裂かれてしまう。
その別れ際に「彼」は言った、「遠い未来で必ずまた会おう」と。
そして何百年もの旅の果て、トキはやっと「彼」の魂を宿したおでんと出会い結ばれたわけです。
「彼」が誰だったかと言うと、ズバリ光月家の初代でおでんの先祖でありおでん自身(の前世)でもある人物じゃないかと想像しています。
もちろん光月家と関係ない、ただおでんと魂を共有した人物の可能性もありますけど。

こんばんは~♪

旅の終着点を色々と深読みするか、素直に恋バナに受け取るか…でしょうかねぇ。

幾度か時を超えた末に巡り会えた人だから、この場所を終着点としたのだろうかと?
愛する人の子供も授かり、僅かな時間だったけど、一緒に暮らせることができた。
これが、彼女の終着点という覚悟なのかも知れませんね。
おでんが亡くなり、傍に一緒に逝く。
今より輝こうとする我が子は未来へ…。

という推測ですが…(汗
この場合、短い間だったけど、トキは幸せな時を大切な人と過ごせた…。
良い意味に考えて、良い人生を送れたと思ったりもしてます。


今回の記事を何度か読んでいると、ふと「人生の空から」のサビ部分のメロディがぐるぐると(^^♪

まわり道でも 旅の終わりに
君にもう一度 逢えたならいいね

No title

こんばんは。
旅の終着点。
私は大きく分けて、2つの可能性を考えてました。


1つ目は、『何かを手に入れる』
ひっしさんの記事と同じですね。
幸福な日々、想い人、子宝。
長い時間 旅をして、やっと手に入れた。
だから思い残すことがなくなったパターン。
こちらの方がロマンチックなんですけどね~ (^^ゞ


2つ目は、『何かを引き継ぐ・失う』
能力や呪いの継承・解除の類。
◆能力を後継者に託して自分の役割を終えた。
 ・終着点にするには軽い?
◆呪いを解呪、もしくは誰かに押し付けた。
 ・目覚めない呪い  = 童話「白雪姫」「いばら姫」
 ・人外に変わる呪い = 童話「七羽のからす」「ピノキオ」
 ・不老不死の呪い  = カイドウの死ねない身体?
こちらは自分の意志では死ねない状態から、
文字通り人生の終着点となるパターン。


まだ情報が少ないので、なんとも言えませんが、
トキがおでんと出会って幸せだったのは確実ですよね!

Re: No title

アドラメルクさん! コメントありがとうございます!

わ! 同じ事を考えてらっしゃった!

これかなぁ と思うんです 私。
1人の人物に他の何かが宿るというのはデッケンや黒ひげの謎に絡みそうで。
そこら辺の事とも密接な関係にありそうな。

おでんに宿ってたのが トキの過去の想い人。
数百年の時を超えて また巡り会えた、と。


光月家の おでんの先祖だった可能性ありますよね!
一族の中に、と考えるのが良さそうな。
どうなってたのか楽しみに待ちたいですね!

Re: タイトルなし

茉凜さん! コメントありがとうございます!

ここは もうロマンチック系で待ちたいです!
時を超えた愛の物語で。
トキは幸せだったと思うんです。
私の考えで行くと、2度 愛する人を失った事になってて。
しかし、おでんと結ばれた事で全ては成し遂げられていたんじゃないかな。
ここら辺をうまく説明できるモノがなくて辛いんですが(汗


で、またまた古い曲ですよね。 ふふふ
松山千春さんっす。
めっちゃ良い曲だし歌はうまいし。

Re: No title

みそさん! コメントありがとうございます!

色々と考える中で、みそさんが書いて下さった2つ目の可能性も出てきました。

でも、やっぱり…
おでんこそがトキの全てだった様な気がして。
トキにとって それ以外の事が頭にあったんだろうかと。
そこから考える線で行こうと思ったんです。
時間を超えて この2人に何の物語があるんだろうかと。


もう少し情報を待ちたいですね!
ロマンチックな話が来て欲しいなぁ。
どんな風に幸せを掴んだのか。
楽しみです!

お返事ありがとうございます♪
少し肌寒いですね…秋ですな!


過去には戻れない条件のある時空の旅。
現世で結ばれなかった人を探しに未来へ…それが、おでん。
恋バナを深く追求された考察、有るのかもですね!
私はシンプルに行きましたが(笑

捻らなかったと言いますと、大好きな人と似てるだけで命をかけるぐらいの行動に移すかなーと。
それ以上のものが、おでんにあったかも?ですが。

これは私自身のアレなんですがね…^^;
本人ではない、限りなくその人に近い。
再び会えれば嬉しいですが、そこまで踏み込めません(リアルw)。
おでんは、それを察してたんでしょうかね…。


どーなるんでしょうね。
色々と楽しみに待ってみょうと思います!

Re: タイトルなし

茉凜さん! お返事をありがとうございます!

私の記事は、取り方によっては…
トキはおでんの中の人を探していたのであって
おでんその人を愛してはいないとも読めます。

そうではないと考えてるんですが。
私の文章力では上手く説明するのが難しくて。
いや、文章力以前に 私の頭もちゃんとまとまっていない部分も。

もう少し考えてみようと思います!
ひとつなぎの大秘宝の正体と絡む話だとも思ってます。
トキにとってのおでんこそが大秘宝の正体の様な。


また まとまったら記事にしまーす!

こんばんは~♪
度々おじゃまします!


いえいえ、私の文章の理解力のなさに加え、普通にロマンチックな展開になればと…。
その気持ちが強くあったので、そういう風よりに書きました。

辿り着いてはいけない未来、それを回避する人物を導くような役割をトキが担ってるのでしょうかね。
歴史の重大な何かを、探し求めたおでんに伝えたりした?


記事にされた際には、また質問すると思うので、ご教授下さいませ!

Re: タイトルなし

茉凜さん! コメントありがとうございます!

えらそうな事は私では無理ですよ(笑
でも、
色んな事を話題に記事を書きたいと考えてます!

トキトキについても2巡目の記事を書きたいんですけどね。
この第920話は内容がテンコ盛りで(汗
未だに一通りの記事を書き尽くせてません。
やれやれっす。


これからもヨロシクでーす!

No title

こんばんは。
前回コメントの補足を。

光月トキで気になっているのは『龍』との関係なんです。
モモの助が龍になれたのは、両親どちらかの血統因子なのかなと。

でも 龍は錦えもんにとって親の仇同然。
ならば、おでんもトキも龍ではない。

可能性があるのは、
①光月の血筋。スキヤキ、その子ども、スキヤキの兄弟姉妹。
 黒炭が光月の一族だったならばオロチ。
②トキの血筋。トキを追っていた者が血縁者?
 もしくは龍人族?だった天竜人(トキもその血筋?)
③トキ自身が龍の呪いにかけられていた

ということで、③を採用したわけです (^^ゞ


SMILEを食べて龍になったギフターズが出てくれば、
龍の血統は光月家由来でほぼ確定するんですけどね・・・。
年代からおでんの死因には直接関係ないので、
錦えもんの親の仇同然にはならないでしょうけど。

Re: No title

みそさん! コメントありがとうございます!

龍(竜)には、ドラゴンとウナギ(東洋的な龍)がある様子で。
どうも 親の仇はドラゴンっぽい。

モモの助がドラゴンではない龍になってるのに対し、
錦えもんは なぜか合点がいってるんでした。
絵に描いた龍を具現化したカン十郎は「目には目を」と発言。

どうも ドラゴンが敵で、龍とモモの助には何かありそう。
悪魔の実の能力と血統因子が裏にありそう。
私も そんな気がしてるんですが。


気になるのは…
龍を斬ったというリューマの存在なんですね。
錦えもんも含めて国中から英雄視されてます。
20数年前まで将軍は光月家。
光月家に龍にまつわる何かがあるんならリューマは英雄にならないハズ。


ならば やはりトキ?


トキには何かあります。 たぶん(笑

大看板についてですが長くてごめんなさい。

『日和』(ひより)って『ビワ』とも読めますよね?果物の『ビワ』ってば梨亜科(梨状果)であって、ようは『ナシ』の一種なんです。『光月トキ』の子供は『モモ』と『ナシ』とも言えるんです。こじつけ感がありますがもう少しお付き合いをw
ここで私が推している『光月トキ』のモデル『安宿媛』(あすかべひめ)の実話に移ります、彼女の生きていた時代に多くの災害が発生しています。『旱魃』による飢饉により食べ物に困る民が多数発生、その民のために道端に多くの『モモ』と『ナシ』の木を植えました、また『疫病』の発生により多くの犠牲者が出て、民が治療を受けられるように『施薬院』(せやくいん/やくいん)という治療施設を、親をなくした子供達のために『悲田院』(ひでんいん)という孤児院を造りました。また安宿媛は『ライ病』に苦しむ患者を自ら治療してあげた結果、患者が『あしゅく如来』になるという逸話もあります。他にもこの時代に『大地震』『宮中への隕石の落下』などの災害がありました。
そんな民想いな『安宿媛』ですが文学にも精通していて、有名どころで『楽毅論』(がっきろん)という臨書があります。漢字こそ違いますが『がっき』から連想されるのは音・音楽、『ポーネグリフ』(ギリシャ語で音の標識)に繋がるワードです。
ちなみにこの『安宿媛』後の世に『光明皇后』(こうみょうこうごう)と呼ばれ、民間から始めて『皇室』に入った女性です。『光明』って日をぬけば『光月』ですよね?夜明け(開国)で日が昇り(加わり)光明となる、うん語呂が良い!
また光月家の家紋は『鶴丸』(真ん中の鶴)『九曜紋』(真ん中下の○の集まり)『菊輪』(回りを一週してる菊の花びらみたいなやつ)の三種類を掛け合わせたもの。『菊丸』は『皇室』のみがつかう家紋の一部です。
本当に長くてごめんなさい、これまでが安宿媛に説得力を持たせるための前振り。以上をベースにして今度は話の本題、大看板に話移ります。安宿媛の生きた時代の実在した災害が大看板と被ってるとすると、どうしても『旱害』『疫害』ときて『火災』が納得いかなく、そこは『天害』もしくは『震災』じゃないのか?と思ってジャックがドフラミンゴ護送船団を襲うシーンに注目すると初めて藤虎を見たジャック、かなり驚いた表情をしてます。(これはアニメのみの演出、YouTube等で確認できます)そこで一つの仮説が、藤虎は元カイドウの配下『大看板、天害(天災)のキング』だったのでは?そこでカイドウのやり方に失望し目を潰し野に下ったのでは?ジャックはドフラミンゴ奪還作戦で海軍大将としてのイッショウを始めて目にして驚く。そうすると百獣海賊団配下のゾーン縛りが崩れそうですが、今まで藤虎の能力が公表されてないのは刀が重力の能力を持ち、藤虎は実はゾーン系の能力者であるということでどうでしょう?あとイッショウって名前も一升瓶なんかからお酒を連想させカイドウとの関連を感じる。
こじつけにこじつけを掛け合わせてかなり拗らせているかもしれませんがワンピースのファンってこういうの楽しんでくれますよね?ひっしさんの暇潰しになれば幸いです。もちろん少しでも当たってたら誉めてくれてもいいんですけどねw

Re: 大看板についてですが長くてごめんなさい。

名無しの誰かさん! コメントありがとうございます!

長文は全く問題ありませんよ!
ただ、私の脳で どこまで理解できたかは… 難しいっすよ(笑
一つでも当たってれば 一緒に喜びましょう!

藤虎なんですよね。うん
私もワノ国に関係があるんじゃないかと思ったり。
あとはカイドウの配下だったか どうかです。
これが来たら驚きますよね!
世界政府に敵対する思想を持ってるのは確かです。

どうでしょうか。 待ってみましょうか!

ロマンス派の方へ一句

光月トキとおでんの時を越えたロマンスを予想している方々へ、光月トキの気持ちで一句。

我が背子(せこ)と、ふたり見ませば、いくばくか、この昇る日の、嬉しくあらまし

《訳》あなたと二人で見れたならこの夜明けはどんなに素晴らしく嬉しいことだろう
詠み人 名無しの誰か

一応ワノ国編の後半、開国がなされた時にこんな詩が使われていたら嬉しいなという願望も兼ねてます。やはりワノ国編は面白い♪

Re: ロマンス派の方へ一句

名無しの誰かさん! コメントありがとうございます!

句をたしなまれるんですか?
詳しくないけど スゴイ!


夜明けはきっと訪れるハズです。
どうな風になるんでしょうね。
おでんとトキについても何かあるでしょうし。
楽しみに読み進めたいです!
非公開コメント

| 2019.04 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事

無断転載禁止ですよ

【第937話考察】リューマが斬った「空飛ぶ竜」とは何なのか Mar 27, 2019
【第937話考察】ルフィが目指す覇気のレベルアップ Mar 26, 2019
【第937話考察】黒刀に“成る”とは Mar 26, 2019
【第937話考察】ワノ国の黄金はどこへ Mar 25, 2019
【第937話考察】人斬り鎌ぞうは傳ジローではない? Mar 25, 2019

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

ページトップへ