海賊王になるという事

2015.12.05 19:33|ワンピース考察(海賊王)
海賊王になるとは どういう事なのか。
その定義とは? ここから始めたいと思います。
海賊王におれはなる!
ルフィはどんな海賊王になるのか。

海賊王は歴史上一人しかいません。
ゴール・D・ロジャーただ一人。
彼は何になったのか。
どうなったから海賊王なのか。

ルフィはロジャーの様な海賊王になるのか。



FC2Blog Ranking

海賊王になるとは。

・ ひとつなぎの大秘法を掴む
・ グランドラインを一周する
・ ラフテルに辿り着く
・ 海賊の覇者になる


この4つのどれか、または全てをクリアした者。
この認識で間違いはないのかも知れません。
ロジャーはグランドラインを制したんですね。
どれを成し遂げて制したと言われるのかです。
で、こんな事をルフィに聞くのがレイリー。

やれるかキミに…
“偉大なる航路”は まだまだキミらの想像を
遥かに凌ぐぞ!! 敵も強い
キミに この強固な海を支配できるか!?
(第507話)



あなたは支配できますか? と問うのです。
有名なセリフが続きます。
この海で一番自由な奴が海賊王
支配なんかしねェよ と。

この海で一番自由な奴が海賊王!


これを聞いて 「そうか… 」と微笑む。
なぜ こんな事をレイリーは聞いたのか?です。
私は こう解釈します。
レイリー達が導き出した答え
自分達が導き出した答えと同じか違うか。
この子達は どちらの答えを導けるかな?
どこを目指してるのかを問うたのだろうと。
もちろん 求めるは自分達とは違う答えでしょうね。


ロジャーは次世代に賭けたんだと思うんです。
自分達の出した答えでは、
世界をひっくり返す事が出来なかったから。
いや、
自分達では世界をひっくり返せないと悟って、
ある答えを導き出していた。

この認識です。
そこで 大海賊時代を巻き起こし次に繋げた。
自分達とは違う答えを導き出してくれよ、と。
よって、

ロジャーがなれなかった海賊王にルフィがなる。
そして、
おれはロジャー
世界はひっくり返される。


ロジャーが死んでも夢はかなう。
その意志を受け継ぐ者がいれば、
おれは死なねェぜ
人は死なない。


時間が足りず途中で止まっていたロジャーの夢の、
その先をルフィが引き継ぐのではないんですね。
なぜならロジャーは海賊王になっているから。
彼は彼で行くトコロまで到達してるんです!
しかし、そこ止まりで終わったんですね。
海賊王にはなれても真にやり遂げたい夢は果たせなかった。
ルフィは違うんでしょう。
ロジャーとは違う海賊王になる事で、
ロジャーの果たせなかった夢もかなえられる。
夢の果て
まだ、その先の夢の果てにまで到達してしまう。


ここは要注意ですよ。
ロジャーは海賊王になるも、世界をひっくり返せなかった。
ルフィは海賊王になって 世界をひっくり返す。
まだ その先にはルフィの夢の果てなんてモノもある。
結局、ロジャーは何も出来ていなかったって事。
間違ってしまってたんだ、と。



ロジャーがなりたかった海賊王像は、
ロジャーは支配に興味はねェ
ルフィのそれと同じモノだったと思います。
海賊王という称号はまだ存在していませんから、
厳密には海賊王像というのは間違いでしょうがね。
しかし、
いざ 海賊王になってみると、ロジャーは…


この海で一番自由でない奴


こうなってしまったんだと考えました!
だから、
ラフテルへの行き方
ラフテルへの行き方を知っても確認するに止め、
ラフテルにワンピースがある説が最も有力
誰も辿り着けずにいる島のままにしておいた。
その島にあるという説が最も有力だという
ひとつなぎの大秘法も手にせず、
ロジャー 死に際の一言
そこに置いてきた と言う事になるんだ、と。

ラフテルに上陸し、大秘法を手にするのは
この海で一番自由な奴じゃないとダメなんだね。
自分はそうじゃない。だから置いてきた。
これが彼らの出した答えだと思います!


もしもロジャーが、
この海で一番自由な奴になれていたら…
そのままラフテルに上陸し大秘法を見つけ、
世界はひっくり返る
世界はひっくり返っていた事でしょう。



ならば、
ロジャーはどんな海賊王になっていたのか。
私が考えるに、
海の覇者。海の支配者になってしまっていた。
また、こう考えてこそなんです。
レイリーの言葉に繋がるワケですよね。
キミも支配者になるのかい?
ルフィに聞いたのは そういう事だと思うんです。
違ってたから微笑んだ。


支配者になれば自由を手に出来るのか?
ここは全編を通じて問われていますよね。
どの国や地域においても
支配者は常に何かを恐れて暮らしていました。
だからこそ力や法で縛るんですよね。
おそらく この世界で一番の支配者である天竜人。
奴らは恐れている
神の天敵
神の天敵である“D”を!
そして、
かつて栄えた その王国の名は
歴史を解き明かされるのを!
徹底的に縛りつけています。
まるで鳥カゴに閉じ込める様に…。


ロジャーは海軍本部や名だたる海賊…
怪物と呼ばれる者達の誰も敵わない存在になれた。
欲すれば 「富・名声・力」
その世界の全てを手に出来る存在になれた。
実際には手にしてはいないでしょう。
しかし、世界はそういう目で見た。
まさに世界の支配者にもなり得る存在。
これこそがグランドラインの制覇だと思うんです。
自分達の冒険を阻む存在は この海には無い。
しかし一つだけ手に出来なかった。
それが自由!
ロジャーも自由の答えを求め続けていた!
だが 導き出せなかった。自分達では。
正反対の支配者になってしまっていたから。
ルフィは そうなっちゃいけない。
そうはならない!
だからこそ世界をひっくり返せるだって思うんです。
ルフィが導き出す自由の答えが鍵になる。


どうして そうなったのか?ですね。
ロジャーもオハラも急ぎすぎたのかも知れん
急ぎ過ぎたから… に続くんです。



まずは、 海賊王と一口に言っても
ロジャーとルフィでは違うモノになるんだと思うんですね。
いわば、
ルフィはロジャーの後継者になってはいけない!
しかし 目指したトコロは同じだったんです。
支配に興味は無く 自由に行こうぜ、と。
どこでどう間違ってしまったのか?なんです。
そしてルフィはどんな海賊王になるのか?
大海賊時代の幕開けとは何を意図したのか?
ロジャーは自らの失敗から 一つの賭けに出たと考えるんですね。
そこまでを語ってみたいと考えています。
どうか続きを読んでやって下さいませ!
ポセイドンしらほしの誕生の事にも触れますよ〜!
世界をひっくり返すのに古代兵器は必要ナシだと。
合ってるかは分かりませんが一つの説を提示したいんです。


ありがとうございました!!!


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村




[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!


関連記事

Comment

No title

こんにちは、早速きましたね『海賊王』やはり最初はこの考察ですよね!
ルフィは『海賊王』になる為に海に出ました。
では『海賊王』にどうすればなれるのでしょうか?
グランドラインを一周すればいいのか?四皇を全員倒して最強の座を手にすればいいのか?ラフテルに上陸すればいいのか?それもきっとあるでしょう。なければ『海賊王』にはなれないのかも知れません。
自分はルフィが『海賊王』になる時、いや『海賊王』と呼ばれる様になる時は、『麦わらの一味全員の夢が叶う時』だと思っています。ゾロが大剣豪になってサンジがオールブルーを見つけてナミが世界地図を作って…他の皆の夢が叶う時、世間からルフィは『海賊王』と呼ばれる様になると思います。最終的にはワンピースを見つけて『夢の果て』を見せてくれるはずですよね!!
心配なのは自分がそこまで長生き出来るのかなぁって最近少し思ってます…
続きの考察も楽しみにしてます!では!

Re: No title

ターカさん! コメントありがとうございます!!

ウトウト寝てました。

そんな…。 長生きできますよぅ(笑
大丈夫!

仲間達が夢をかなえた時にはルフィも海賊王ですよね。どんな順番になるんでしょうね。同時って事では無いでしょうから。もしかすると、みんなそれぞれ夢の果てがあるのかな?とも思ってるんです。例えばゾロが世界一の大剣豪になる。それで終わりじゃなくて、まだ何かが待ってる様な…。世界一になった彼が何を為すのかが問題である気がしてます。

海賊王考察はトントンと入れようと思ってます!是非続きも楽しんでやって下さいね!
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ