【第814話考察】ブルックはヴィンスモークを知る

週刊少年ジャンプ 最新号が発売されましたね。

ここでは
ONE PIECE最新話を読んで
私が 考える事を書こうと思います。
 
いつもの連載考察は お休みです。
とある王国の護衛戦団団長
とある王国の護衛戦団の団長の過去。
それと90歳の年齢が鍵なんでしょうか。

いつも沢山の拍手をありがとうございます!

第814話を マンガ筋は どう読む?



FC2Blog Ranking

西の海の 「とある王国」。
そこで奇襲部隊に所属していて出世し、戦団の団長へ。
その後 なぜか海賊となって現在に至る。
かなり端折りましたが、これがブルックの経歴。

今回まででヴィンスモーク家の名に反応したのは、
一味でブルックとロビンの2人だけなんですよね。
どちらも西の海の出身なんですが…。
(カポネも同じく)
ロビンの故郷オハラは滅ぼされました。
青キジは滅んでねェと教えてくれましたが地図からは消えた。
もしかすると、
ブルックのいた国も地図から消えたのかな?
(オハラはバスターコールにて)
サンジの姓はヴィンスモーク
その事でヴィンスモーク家の名が出てくるのかも。
もう今はない国だから 「とある王国」となる。
ブルックの中で、
その国とヴィンスモーク家の記憶はセットなのかも。
ある種 ロビンと同じ設定だとする可能性。

そういう目で見れば、
ヴィンスモークの名を聞いた事があるロビン
ロビンの言葉を受けたブルックの描写が…
無言のブルック
なんとも意味のある様に思えて仕方ありません。


レッドラインという大陸は
北から東へ移るにはレッドラインを越えなければ
北と西。南と東。
海を2つに隔てているんですね。


東の海の出身のロジャーは、
南の海バテリラのルージュとの間にエースを授かる。
ここも無関係ではないのかも。
東の海の者にとって、
北と西の海は かけ離れた別世界であって。
南の海には近いモノを感じたりするのかもね。

逆に、西の海は
北の海の闇
北の海の闇の悪影響をモロに被ってしまう。

それにより
ブルックの所属した戦団のあった王国は滅んだ。


サンジが北から東の海に渡ったいた意味とは、
東の海は平和の象徴
平和の象徴である海へ逃して貰えていた。
プラス かけ離れた別世界へという理由なのかも。



そこで考えたいんですが。
北の海から西の海へと渡ったり、
影響力(武器の密輸)を及ぼそうとすると、
新世界(グランドライン)を縦断する必要があるんですね。
13年前には「ノースの闇」と言ってるのに、
すでに世界の半分が闇に覆われています。
プラス、
ヴィンスモーク家が勢力を拡大するのは、
拠点を移しつつ拡大する取引き
ドフラミンゴの勢力拡大と繋がると私は考えますから。
少しズレるんです。
あくまでも私の頭の中で、ですが。


これはコレで頭に留めておくとして。
違う方向で考えられないだろうか。


ドラム王国の守備隊隊長ドルトンが、
ドラム王国守備隊隊長ドルトン
8年前の世界会議に出席していた様に、
とある王国の護衛戦団団長のブルックも、
50年以上前の世界会議に赴いていた。

それが今回の扉絵の間違いに絡むのか…?
ヴィンスモークの呪いとは恐ろしい。
という事は無いとして。

ドルトンの時の世界会議の議題の一つが、
ドラゴンの思想は危険
ドラゴンの事であった様に、
50年以上前にヴィンスモーク家が議題に上がっていた。
それも残虐な事件と共に。



この線はどうでしょう。



ブルックの記憶の中の世界。
若き日のドラゴン
それは革命軍が出来上がる前の時代です。
その時代にチラっとヴィンスモークは出てくるのかな?
一瞬だけ世界に名を轟かせる。



今回 最新話を読んで考えていたんですが。
どうもヴィンスモーク家というのは
革命軍と対立する勢力と思えて仕方ないんですね。
だからって政府は違うと書きました。
そちらの可能性はありますが、
考察に保険をかけるみたいになりますんで…
今回は記事に その線は書かない事にします。
(色々と書いた方が面白いんですがね)
政府でもなく革命軍と対立する勢力です。



政府や天竜人に恨みや怒りを持つ者達の受け皿。
浮かぶのは 革命軍ですよね!
でもね?
全てを破壊してやると誓ったドフラミンゴ
ドフラミンゴは革命軍入りしない。
ハッキリと天竜人に恨みを持っているのに。
ローもです。
珀鉛病の恨みを抱えたローは革命軍ではなく
ローは全部壊したい
ドンキホーテファミリーの門を叩く。


ローの政府に対する恨みはドフラミンゴが受け止めた。
ドフラミンゴの恨みは誰が受け止めたのだろう。
この大元の恨みの受け皿となるのが、
ノースの闇のヴィンスモーク家になるのかな?と。


それとは違って、
コアラは革命軍入りしていたんですね。
元奴隷の少女コアラは
タイヨウの海賊団と少女コアラ
フィッシャー・タイガーとの出会いがあっての革命軍入り。

タイガーとドラゴンは似た部分があるんじゃないかな?
タイヨウの海賊団は解放と自由
解放と自由を掲げたタイガーは
革命軍によりロビン解放
革命軍のしている事と通じるのかも知れません。


そんなタイガーが言うんです。
あいつらと同類になりてェのか? フィッシャー・タイガー
あいつらと同類にはなるな、と。
「人間」
天竜人の事も想定しての言葉だとすると…
まるで世界政府そのもの
ドレスローザでのドフラミンゴとは真反対なんです。
このドフラミンゴと同じ存在があるんです。
魚人島に!!
ホーディ達の天竜人のマネごと
ホーディ達です!!


同じ人間への恨みを持ちながら、
タイガーとホーディは相容れない。
ジンベエの立ち位置が示しています。
コアラとローの選択の違い。
革命軍かドンキホーテかの違いですね。
その背景にノースの闇…
天竜人への恨みを叫ぶ人々
元天竜人へ恨みを晴らせと叫んだ人々の
その受け皿が潜んでいるんじゃないだろうか?



魚人街と北の果ての非加盟国



どちらも数百年の恨みなんでしょうが。
ドフラミンゴ達は ホーディ達と同じく
実体のない空っぽの敵
意志が欠如した空っぽの奴らなのかも。
そんな奴らに対して
呼びかけるドラゴン
意志ある者よ立ち上がろうと呼びかけるのが革命軍。


そんな革命軍が出来上がる前。
一つ前の時代。



政府に牙をむく勢力として、
ヴィンスモーク家という名は出てたのかな?
それをブルックは聞いていたのかなと。
世界会議の場で。
ついて行った王に聞かされていたりしないかな。
そんな事も考えてみました。
その話の流れで
ワノ国は鎖国国家
ワノ国の話も聞いてたんじゃないのかな?



ヴィンスモークが負の感情を束ねるのを阻止する意味もあって
ドラゴンは革命軍を立ち上げるのかな〜とか。

ありがとうございました!!!


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

【追記の追記】

もう1本だけヴィンスモーク家について書きたいんです!
用意してるのがありまして。
もう1本だけ最後に読んで頂きたいんです。
お題は

「Dの名を捨てた者」

これでスラスラと書こうと思ってます!
サンジは やっぱり王家の血筋かな?と。




[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!


Comment

ブルック

こちらにも書かせていただきます!
Dとの関連性は814話を読み考えた際に少し浮かんだことには浮かんだんですが、
正直まだどうにも判断ができないため、ここは保留と言うことで!w
しかし、ひっしさんがそこに踏み込んでくるとは・・・

それは置いといて、今記事ですね。
タイガーとホーディ、コアラとロー&ドフラミンゴ、この選択の違いの考察はさすがですね!
そこに繋げていく、非常におもしろかったです!
私も革命軍結成の理由は、政府への抵抗と闇勢力の増大への危惧からだと思っていました。
となると、ドラゴンは元貴・・・という可能性もwそこは後々考えていきたいな!

そして、ブルックですね。ひっしさんの書かれた
「西の海の 「とある王国」。そこで奇襲部隊に所属していて出世し、戦団の団長へ。その後 なぜか海賊となって現在に至る。」
このなぜか、の部分に私は注目したんです。
とある王国の王様の身に何か起きた。ここに絡んできたのがヴィンスモーク家。
あー、でもそう考えるとブルックの「背筋がゾッとする」という発言から、一個人ではどうしようもならない存在がヴィンスモーク家で、
これ、ただ暗殺だったり武器の取引だったりするのではなく、もっと大きな組織なのかも!
戦争、起きたのかな・・・起こす側なのかな・・・

話を戻しますねw
この経緯もあり、ブルックは護衛船団の団長という立場から、自責の念に駆られる。その結果が海賊なんじゃないかな、と。
単純ですけど、これもまたスムーズに考えられそうだな、と思いまして。
もしかしたらひっしさんはすでに考えられているかもしれませんが、
1つ浮かんだことだったので書かせていただきました!

Re: ブルック

ドンキーさん! こちらにもコメントありがとうございます!!

ブルックは謎なんですよね。海賊に堕ちたと言っても良いかもしれないんです。
ヴィンスモークが絡んでる可能性は高いと思います!
ただ、どこに? なんですよね。
武器からというのは考えにくいんです。それが判明してたのなら今回の革命軍もすぐに気づけたハズ。
西の海と北の海なんですよね。
もの凄く悩みました。繋ぐとして…その糸が。
ヴィンスモークを解き明かすヒントが欲しいですね。まだ すぐに答えが出るとは思えませんので。ヒントが出る度に考えるようにしますね!

ブルック。自分で辞めたのかな?辞めさせられたのかな?
ドンキーさんは自責の念と御考えですか。実はまだ私も答えは出せてないんです。
彼にも もう一つ過去編がありそうですよね。
音楽の事と絡めながら 何か出てきそうです。
まだまだ考えないといけない事が多いです。その分 やり甲斐がある!
何かしら発信して行きたいです!

No title

どーもです

なんか私がアオったようなお題で・・・(笑)

でも他の方の意見は、聞いてみるものです。なるほどそう考えるか・・・でした。

自分の着目二箇所・・・ある王国の・・・は、きっと皆さん思うことなんでカウントしてませんでした(笑)

 ①. 大海賊時代まえの海賊。大海賊時代まえに悪党と呼ばれる身分になった人。
   そして同業者の毒でお亡くなりにった人。魔の三角地帯で殺された(始末された?)海賊団。
   音楽が好きな陽気な海賊団。

 ②. ブルックの海賊団の最後、クロッカスさんは確かな情報筋から・・・。だれから聞いたの?
   カームベルトを渡った、逃げ出した・・・までの情報?ほかの情報は?
   ひっしさんは、海賊王は魔の三角地帯を利用して政府を巻いた・・・って考察してたことありますよね。

以上が、ブルックについて、まだ触れてもらえない点かと・・・(笑)

またまた上からになってしまった・・・orz

Re: No title

らくださん! コメントありがとうございます!!

三角地帯も記事にした事ありましたよね。でも すっかり忘れてました(笑
ロジャーが、って話でしたよね。
らくださんの方が詳しい! どうしよう…。汗かいてます。はは

ブルックについても深く考える必要ありますね。
このお題から考えてみようかと思います。と言ってもドカーンと膨らますと思いますが。
クロッカスさんの聞いた事ってのは興味深いですよね。面白くなりそう。
毎週最新話で転げ回ってる現状ですんで。
いつになるか分かりませんが、宿題とさせて下さーい!

もう いっぱい宿題抱えてるんですけど(笑

No title

どーもです

再リターン(笑)

らくださんの方が詳しい!・・・???

どういう意味でしょう?
ひっしさんの考察内容を覚えている・・・って意味ならココに来ている人はある程度みなさん覚えてますよ(笑)きっと。頭に残ってます。

でも気にしないでください。
こっちもその上で、あーだ、こーだ言ってます(笑)
いろいろ考えられる。こうもある。あれもあった。
・・・ひっしさんは、思いつくまま考察してください。

Re: No title

らくださん! もう1本コメントありがとうございます!!

私ね… 全部が全部 書いた内容を覚えてませんで(笑
恥ずかしいんですけど。
大きなのは覚えてるんですけどね。そこはモチロン。

三角地帯と海賊王は本当に驚きました!
それと共に、覚えて下さってる事に感動しまして。


とにかくガンガン書いていきます!それが一番ですよね。
ありがとうございますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメさん! コメントありがとうございます!!

お返事遅れまして ゴメンなさい!!

今日は今からジャンプを買いに走るトコロでして(笑
次にどうなるかが問題でしてね。先週までの考察がどうなったか心配な私。ふふ
ゾロに関しては一味の今後の在り方を私達読者にも分かる様に説明してくれていたワケで。
ちょっと待てよ、と。今の状況を整理してくれてるだけですよ。
本心と言いますか… ゾロとサンジは仲違いをしているのではないハズです。
ここにペコムズの説明が乗っかって、さぁどうする?と。
楽しみに待ってみてはどうでしょう。
ある種 私には、これでゾロは行くんだろうなと。そう思わせてくれましたよ?
大丈夫です!
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ