「世界政府」にとっての脅威のカラクリ

オハラのクローバー博士が
五老星に投げ掛けてましたよね?
お前達「世界政府」にとって
ある巨大な王国の「存在」と「思想」は
脅威なんだろ と。


多くの人が
かつて栄えたという ある巨大な王国の思想が
呼び覚まされる事で
世界政府 及び 加盟国の体制に
矛盾を感じる国民が蜂起し
体制崩壊が 生じてしまうぞ、 と。

こいつを世界政府は恐れ 脅威と感じている。

こう考えているワケで、
私も つい最近まで こう考えていました。
 


でもね?
それで良いのかなァ?


クローバー博士程の人物でさえ
CIMG5487.jpg
解き明かさねばならないって言ってんだ。
クローバー博士と五老星との電伝虫での
会見当時、

ドラゴン率いる革命軍は
まだ存在していなかったと思います。

世界に革命の嵐が吹くのは まだ。

だから、クローバー博士の言葉ってのは、
遅かれ早かれ
ドラゴンの様な思想を持った者が
立ち上がるだろう と、
予言していたと考えられなくもない。

あるいは、
オハラの悲劇があったが為に
ドラゴンは立ち上がり
世界に問いかける事を志したのかも。
 
 
んでもってさ?
ある巨大な王国の「思想」ってのがね、
 
 
自由、平等を基本として、
支配のない世界。
奴隷のない世界。
腐敗した王政を否定するものであろう事は、
それほど間違いではないと、
 
私も思います。
 
 
でもね?
 
 
旧ドラム王国。
今のサクラ王国の成り立ちってのは
世界政府にとって
大いなる脅威なんじゃないかと思うんです。
 
ドラム王国の王ワポルを追放したのは
モンキー・D・ルフィです。
 
とはいえ、  だ!
 
国民は立ち上がってたんです。
CIMG5486.jpg
ワポルによる支配に対して
完全に NOを 突き付けてたんだ。
 
そして、
新たなる王に ドルトンを
CIMG5488.jpg
2日後の選挙は楽しみだな
みんな君に投票すると言っとるよ
 
って風に 選挙で立てるんだ。
 
 
国民の総意(多数決)で 悪王にNOを決め
国民の総意(多数決)で 新王を決める。
 
 
こんなモノ 世界政府にとって
由々しき事態なんじゃないのか???
 
サクラ王国が 世界政府加盟国かどうかは
知りません。
 
 
革命軍は 組織も大きくなり
世界政府でも 手を焼いているのでしょうが、
サクラ王国なんて 1国など
叩き潰すのに 苦労はなさそう。
 
しなきゃ いけない。
 
こんな国が 存在しちゃダメでしょう。
他国に伝播したら どうするんだ。


あんな王は 要らない
俺達で王は決める。

おいおい、
恐ろしいったら ありゃしない。

しかし、あれから2年後の今も
サクラ王国は健在だ。


サクラ王国と革命軍の違いとは何だろう。


今 目の前の脅威であるか否か。



とか何とか書いてても まどろっこしい!
こんな考察は古い!!! 古臭い!!!

今 みなさんに読んでもらうなら
もう1歩 進んでなきゃダメさァ!

とはいえ、
ここまで書いたのには 理由があります。
みなさんは どう読みました?

「世界政府」の部分です。

全部が全部、
170以上の加盟国を含めた
全体像を 頭に浮かべて読んでました?


ここに疑問を持たねばならなかった!



世界中の国々が今、
革命軍によって倒されてます。
この行動力、
この脅威、
ドラゴンの思想は危険でしょう。
ここは 世界政府全体です。

でも、
歴史の本文(ポーネグリフ)の解読によって
呼び覚まされる「存在」と「思想」に
脅威を感じているのは 違うと思うんだ。
世界政府全体ってワケじゃないと思う。



クローバー博士が言う

お前達「世界政府」ってのには
170以上の加盟国は 含んでいない。

おそらく、五老星も該当するであろう
CIMG5489.jpg

後に「世界政府」と名乗る連合国

これを指して

お前達「世界政府」

と言ってるんだと思う!

ポーネグリフの解読によって呼び覚まされる
「存在」と「思想」ってのは
20人の王達にとっての脅威なんだよ。
それを クローバー博士は 突き付けてるんだ!
五老星に向かって。

そこのトコロを
170以上の加盟国にさえ
知られちゃいけないから
世界の法で禁止してるんだよ。
ポーネグリフの解読を!!!

加盟国だって守らさせられてるんだもん!


革命家ドラゴンを危険視していたのは
世界会議(レヴェリー)に出席していた
CIMG5490.jpg
1国王であって、
明日は我が身の危険を
他国の王にも知らせてあげてるんだ。
ただ それだけに過ぎないんだ。
 
とはいっても
世界会議に五老星や天竜人は
まったく関係がないとまでは言いません。
 
クローバー博士が 戦ったのは
空白の100年の真実を知らない
これらの国王ではなく、
おそらく  何もかもを知るであろう
五老星達  世界政府の頂点だったんです。
 
あの時  加盟国の王達に
仮説を語ったトコロで 王達には意味不明だったハズ。



だって そうでしょう?
空白の100年の謎ってのは
加盟国全体で共有し 隠してるの?
たぶん  違うよねェ?
 
世界政府発足時の
20人の王によって 隠されてるんでしょ?
 
 


このまま ドラゴンの革命軍が
最後まで成功したならば
もう ポーネグリフの解読は必要ないの?
 
空白の100年の謎は わからないままですが、
革命軍により
かつて栄えた ある巨大な王国の思想は蘇り
世界に平和が訪れました、、、?
 


違うと思うんだ。


ドラゴンが 今 行動を起こしてるのは
自らの意志
いや!
Dの意志に従ったからでしょうが、
<ここも重要ですが 後々の記事にて>
空白の100年の真実を暴くには
万物の声を聞くか(?)
ポーネグリフの解読以外に方法はない。

その役割りを果たすのは、
革命軍ではない
ルフィとロビンが担うハズなんだ。




ドラゴンの思想と
ある巨大な王国の思想は
共通すると思いますよ。
だからって
ロビンの夢は終わっちゃいない。

真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)は
手にしなくっちゃダメだよ!!!

それによって初めて、

空白の100年という
20人の王達による連合国によって
作り出された「世界政府」。
彼らにとっての 不都合な歴史が
暴き出されるんだと思うんです!


ココなんです!


ポーネグリフを解読すると
ある巨大な王国の「存在」と「思想」が
呼び覚まされ、
それと共に 真実の歴史も暴かれる。
かつての20人の王達は
世界政府170以上の加盟国の王を含む
全ての者達に
それが知られる事に 脅威を感じてるんだ!

だから
クローバー博士は 解き明かさねば
わからんって言ってるんだと思う。

「存在」と「思想」が
どう脅威となるのか わかんないんだ。

 

世界政府の頂点にとって、
旧ドラム王国、ルフィの故郷ゴア王国
それらの国々の国王にさえ
知られちゃならない真実が隠されてる。

だから オハラを見せしめに
徹底的に滅ぼしたんだと思うんです。
誰も調べるなよ〜 こうなるぞ〜 って。
加盟国を含めた世界に です。



ココの部分は  私の
空白の100年に対する考察にとって
非常に重要な部分ですので
もう1本 記事を入れます。

20人の王達。
すなわち
ネフェルタリ家にとっても
不都合な歴史が隠されている。
それが ポーネグリフ。

そういう事でしよ? 続けます。

ありがとうございました!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

ONE PIECE(ワンピース) ブログランキングへ
関連記事

タグ:ONEPIECE

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ