【第844話考察】王の資質で対比される2人

週刊少年ジャンプ 最新号が発売されましたね。

ここでは
ONE PIECE最新話を読んで
私が 考える事を書こうと思います。
 
いつもの連載考察は お休みです。
人の上に立てる王の資質
人の上に立てる 「王の資質」。
これを話題に一つ。

いつも沢山の拍手をありがとうございます!

第844話を マンガ筋は どう読む?



FC2Blog Ranking

今回 話題にするのはコレです!
非常に重要なコマであると私は考えます。
お前とは戦わねェ!
ちょうどサンジを真ん中に配置して、
右にルフィ、左にイチジという描き方をした。
何より、
あの場所にイチジを入れた事なんですね。


サンジを連れ戻しに来たというルフィ。
そのサンジに拒まれ、
足蹴にされて尚 戦わないと言う。

かたや、ヘラヘラと笑うでもなく…
ジッと耳を傾け様子を伺う。
そういったイチジですよね。



・未来の海賊王たるルフィ
・未来のジェルマ王たるイチジ



この二人を対比させようとしてるのではないかな?
その意図があると考えます!
王には王たる条理がある!
イチジが持つ“君主論”というのは、
ルフィのソレとは大きく違っているのであり。
この事は後に、
大きくクローズアップされると思うんです。


第844話のラスト近くのコマ。
泣くサンジ、笑うニジとヨンジ
ニジとヨンジは馬鹿みたいに笑ってます。
感情が欠落してますからね。
レイジュの改造は成功してる
かわいそう、悲しいといった感情がね。


ルフィの取った言動に対し、
「何で!?」と言ったナミも、
それでも引き下がらないルフィの言葉に…
涙を浮かべるナミ
切なくて、胸が痛くて涙を浮かべてしまう。
しかし、ニジとヨンジからすれば、
ボコボコに蹴られて振られてやがるって風にしか見えない。
目の前の光景の意味が全く分からない。
サンジが泣いてる事にも心が及ばない。
可笑しくて仕方ないんでしょう。
悲しいですね。 人として。


彼らと同じくイチジにも
その感情が欠落してるんだけど。
この描写が無いんだ!
ワザとイチジを描かなかったと思うんです。
さて、笑ってるんでしょうか。
どう思われます??


笑ってるとしても、
それはニジ・ヨンジとは別の意味で笑ってる。
ルフィの王(船長)としての在り方が
滑稽で仕方ないという意味で笑ってる。
また、笑っていないとすれば、
ルフィの存在に腹が立って仕方がない。
笑うドコロではないといったカンジ。
イライラしている。
どちらかではないかな?
こう私は考えるんですね。



ルフィは麦わらの一味の船長。
おそらくはイチジは海遊国家ジェルマ王国の次期王。
海遊国家といえ ほとんど海賊の様な雰囲気。
よく似た立場とも言えなくはないんですね。
そのイチジからすれば、
今回のルフィの言動は常軌を逸してると思うんです。
連れて行きたきゃ力づくで連れて行けば良い。
サンジが戻らなければ餓死?
それで船長が務まるというのか??
飯炊きなら代わりがいるだろう。
何から何まで理解不能だと思うんです。
クローン人間を捨て駒に使う奴なんだから。
しかも、
サンジに熱く語りかけるルフィ
海賊王と来た!
失敗作のサンジが必要??? はぁ?



だってね?
ジェルマ王国は四皇ビッグ・マムの傘下に入って。
その強大な力を借りて、
それでも北の海の制圧止まりですからね。
そのスケールの違いは一目瞭然。
イチジからすれば大ボラ吹きにしか見えないでしょう。



イチジの持つ君主論とは何かと考えれば。
全てにおいて優秀な成績を残した者が上で、
ようこそヴィンスモーク家へ… と言うイチジ
徹底した暴力によって下を支配する。
支配する側とされる側は違うんだ、と。
支配する側の命令は絶対であって。
部下を壁に使うジェルマ
国民は喜んで命を差し出すべき。
こう考えていそうなんですよね。
そうあるべきだと。


これは先のドフラミンゴの考え方であったり、
モネに「死んでくれ」と言うドフラミンゴ
天竜人やワポルなどとも通じる考え方。
これに対抗するのがルフィであって。
マキャベリの思想に対する批判が根底にあるのかな?
世襲による強権的な独裁王ではなくて、
国とは人なんだ
国民に寄り添うコブラやドルトン、オトヒメが理想であって。
王は王として存在すれども、
国民から推し上げられた存在でなければならない。
王は国民を必要とし、
国民もまた王を必要とする関係性ですね。
それを一海賊団の中で実現し、
世界の偉大なる海の王になるのがルフィ。
そのエッセンスを凝縮したのが、
ルフィにはサンジがいないと…
今回のルフィからサンジへのメッセージであって。

一見ルフィは王(船長)の器ではない。
第90話のアーロンも指摘しています。
しかし 自分一人ではなくて…
人と人の繋がりを大切に大切に繋いで行く事が、
真の王者たる者(海賊王)だと
尾田先生は描きたいんじゃないだろうか。


ルフィとイチジは
どうしたってブツかる運命かも知れません。



ルフィとイチジの
どちらが
王として相応しいのか?



どちらが
正しい王の資質を
持っているのか。



そして、


サンジは
どちらを選ぶのか?




これこそが冒頭に紹介した、
お前とは戦わねェ!
↑ このコマに集約してるんじゃないかな。


ルフィは非暴力で訴えました。
ボコボコにされたサンジに呆れるレイジュ
イチジは徹底した暴力で。
これから まだまだ出てくるんじゃないかな?
ルフィとイチジを対比させる要素が。
叩かなければならないと思うんです。


つまり、
最終ボスはイチジの様な気がします。
ルフィが倒すべきなのか。
サンジが過去と決別する為に倒すべきなのか。
ここはまだ決めがたいんですが。
ONE PIECEという作品において、
ここの対決は不可欠な要素だと思うんですね。
イチジは アチラ側なんです。
ルフィが嫌う奴らの仲間だと思いますから。




ジェルマを徹底的に叩けば、
ひとまずゼフは助かるのかも。
危機は遠ざかる可能性は高いですよね。
あとはマム側。
ジェルマは科学戦闘部隊
得ようとする科学力に欠陥でも見つかってくれれば…
ひょっとすると丸く収まるのかも。
これもジェルマとの戦いの中で露見したりしてね。
まぁ 一つの着地点として書かせて頂きます。




ルフィは王(船長)として失格である。
そんな者が海賊王などと… ハハハ
なんて事をイチジが笑えばねぇ。
仲間の夢を笑われた時
あの時のウソップみたいに。

……男にゃあ!!!
どうしても… 戦いを避けちゃならねェ
時がある…!!!
(第186話)



サンジもヒートアップしてくれたりして。
そいつだけは笑わせねェ! って。
イチジとニジに怯えるサンジ
トラウマに勝って欲しいし…。



どうでしょうね?
世界会議編を前にしたホールケーキ編。
王とは。
ここも重要かも知れませんよ?



ありがとうございました!!!


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


関連記事

Comment

No title

王の立場といっても善政の王と悪政の王では全然違いますもんね。
しかし、技術に欠陥が見つかれば今度はレイジュやジェルマ国民がマムに狙われてしまうので完全な解決にはならないと思います。
ジャッジや124がどういう目にあってもたぶん「ざまぁww」でしょうが、さすがにレイジュやジェルマ兵がマムに消されるのは多くの読者が納得いくのかどうか??
まずはマムの裏切りに対するトラウマ(もしも裏切りに対するトラウマ設定であれば)を解いてからイチジを倒すのが正しいステップだと思います。
あるいは、サンジ達がジェルマと対峙していく中でマムのトラウマが解けるのかもしれませんね。
それにベッジやタマゴの暗い部分もかなり見えてるので彼らにも制裁が必用かも・・・???

No title

どーもです

コチラも

あの描写でイチジが笑っていたのか・・・ギリギリと苦虫を噛みつぶしたような顔では?
イチジはサンジに蹴られると思います。決着とは別でイチジのプライドから。

なんか私だけ別路線のような・・・(笑)
ジェルマはクズじゃない・・・
プラス、サンジが失敗作・・・じゃなくて完成品・・・
と思っているのは・・・

ズレズレ発動・・・かな(笑)

でも、王の資質・・・ってお題はいいですね(笑)
ルフィはまだ不完全な王ですから・・・
自由だけで責任の自覚がありませんよね
ジェルマは、ルフィの目指す王の姿に一石を投じると思っています。

どうですかね

No title

ひっしさん、こんにちは。
今回のサンジは、どうしてもスリラーバークのクマ・ゾロ・サンジの場面がかぶってしまいます。サンジの相応の覚悟です。
元とはいえ「暴君」に「いい仲間を持ってる」という言葉もはかせています。部下ではなく仲間です。
落としどころは難しいですね。ジェルマの科学は人格がないですよね。でも、マムは花や木に人格を与えています。
「人格」が鍵を握りそうなのかな。
また思い浮かんだら、書き込ませていただきます。

Re: No title

ゴロゴロの実がほし〜い!さん! コメントありがとうございます!

そうなんですよね。仰る通りです!

踏むべき段階と、ベッジ達の動きだとか。
あとジンベエの事もありますし。
色々と考えなければならない問題が山積みなんですよ。
取捨選択の必要性もありますね。

流れとしての可能性をこれから書いて行こうかと考えてまして。
この第844話から何が考えられるか。
考えに考えてみようと思います!!

Re: No title

らくださん! コメントありがとうございます!

私もサンジこそが完成品だと考えてますよ!
といっても、ジェルマの科学力の完成品ではなくて。
そこは失敗!
失敗だからこそ人間として完成品として生まれたって考えです!
ここは らくださんと合ってるかは分からないんですが。
ジェルマはクズっす(笑
ここは考え方が違ってて。
ホールケーキ編の着地点で現ジェルマは崩壊すると考えてるんですよねぇ。
レイジュによって生まれ変わるのか… 完全に国としては消えるのか。
もう少し推移を見守りたいんですけどね。

ルフィの目指す王のカタチ。
どんどんハッキリしてくると思います!
どうなるか待ちたいです!

Re: No title

ワーテルさん! コメントありがとうございます!

こんにちは!

スリラーバーク的要素は私も頭に入れつつ読んでます!
一気にエニエスへと飛んだ感があるんですがね。
どの章とって一つに決めちゃうと見誤りそうです。

で、仲間なんですね! ココ!
非常に重要ですよね。友達というのもありますね。
部下だとか、使う(使用人)だとかではないんです。
同感です!!

人格。これと「命」でしょうか。
ここのトコロに大きなテーマもありそうな。

私も記事にして色々と問うて行こうと思ってますんで!
何だって思いついたら御指摘下さいね。へへ
どんな意見も喉から手が出るくらいでして(笑
助けてやって下さいね!

良いですねー王の資質!

ルフィの目指す 海賊王とは
どっかの国の大きな椅子に座ってる王様
ではないんですよね

人を引きつける力。皆が御輿に乗せたがる。
応援したがる。でも大勢で子分にしてと言うと「窮屈だ」と言う

海賊「王」とは言うけれど、善悪問わず窮屈な王様にはなりたくないんですね
全てはルフィ基準。わがままで自由人。
だからこそ、なれるんだと思います。
海賊王に!

イチジとの対比とはズレちゃいました。ごめんなさい

あっ、ルフィの兄弟とサンジの兄弟
考察の材料になりませんかー

No title

こちらも。

ルフィとイチジの対比があのカットで表現されていた!
これは全く考えていませんでしたので、記事を新鮮な気持ちで楽しめました(*^^*)

イチジの言う”王”
これは何を指しているのでしょうね?
少なくともジャッジではないはず・・・。
そんな尊敬すべき人物が他にいるのか・・・
それとも幼少から完璧だった自らがなるべき理想なのか・・・

富・名声・力、全てを持っていると思っているイチジ
一人では何もできない、けれども イチジに無いものを持っているルフィ
確かに対比関係かもしれませんね。

ジェルマ王国の王とルフィの目指す海賊王。
言葉としては同じ王でもロゴスの次元から全く違うと思います。イチジは血統から特別な支配し君臨する存在としての王という思考。ルフィは海が繋ぐ全ての世界を自由に縛られることなく冒険できる、ボーダレスな存在としての王。王に対する価値観が根本的には違うので、対比するのは難しいように思います。
サンジがヴィンスモーク サンジと名乗ったのも、ヴィンスモーク側を選んだからでなく、麦わらの仲間達を一族にサンジの大切な存在として認識させない為と、ヴィンスモークの毒牙から遠ざけたかったからのフリ。最初から、結婚は拒んでも、マムのお茶会には仲間を守る為に行く気である発言をしているので、八方塞りの辛い窮地に追い詰められても足搔く気持ちは放棄した訳ではないと思います。
ルフィだって、真の仲間は誰でもいいのではなく、共に夢を分かち合え、海賊王のクルーとして絶対必要な存在として選んでいます。クルーそれぞれも自分はこの船に必要であるという自負を持ってルフィと共にいるはずです。あの、何人目というタイトルは、その意思が疏通した時についていると思っています。だから、ルフィは旅の途中だと言い、お前はオレのコックだ。お前がいなけりゃ俺は海賊王になれねえと、直球で訴えたのでしょう。
サンジは今はお茶会には行かなければならない。
ジェルマ以上にビッグマムの四皇としての脅威をわかっているから。守りたい存在も放棄はできない。
だから捨身になり渾身の覚悟でおい返そうとしたのだと。
イチジはニジ、ヨンジより怜悧に見えるので、
理解できない違和感を感じ、また出来損ないのサンジが闘う様子に困惑したのではないでしょうか?
生身のはずのサンジが火を纏いレイドスーツなしに空を飛ぶとは⁈
長く僭越なコメになってすみません。
でも、サンジにもルフィにも互いの存在しか目に入らないほど、仲間である思いの繋がりを結び直した回であると感じたので、サンジもヴィンスモーク側に屈するほど弱くはないと感じたので、1人の考え方としてご容赦下さい。

Re: タイトルなし

謎のマスクマンさん! コメントありがとうございます!

全く同感でして。

空白の100年の謎があったり、クロコダイルやドフラミンゴみたいに策で人々をハメたり。
ジェルマ王国の様に国民をプログラムで逆らわない様にしたり。
そういうのではなくて。
ルフィはそのストレートな言動で常に人を惹きつけて来たんですよね。
これこそが本物の繋がりであって強固。
誰もがルフィこそが海賊王になる男と思っちゃう。
だけどルフィは偉くなりたいんじゃなくて自由に。
いいですよねホント。


2つの兄弟からの考察。なるほど!
これも考えてみると面白そうです。
チョイと考えてみますね!

Re: No title

みそさん! コメントありがとうございます!

イチジの思う王なんですが。

誰かを倣ってって事ではなくて。
力を手にした者の勘違いが根元にある様に思います。
悪魔の実であったり、出自であったりするんですが。
イチジの場合は科学力もって事でしょうか。
すでに神の真似事をジェルマはしていますし。
力ある者は持たぬ者を支配する事が出来る。
この考え方で物事を見てる風に思うんですよね。
そんな強権支配をルフィが人の繋がりで打破して行く物語なのかも。
すでにイチジはジャッジでさえ下に位置付けている可能性もありそうです。

しかし 色々と気になる描写が多くって。
なかなか次がまとまってくれません(笑
ホント先読みが難しいホールケーキアイランドっす。

Re: タイトルなし

いぷしろんさん! コメントありがとうございます!

はじめましてですよね? よろしくです!

王というもので括ってみたんですが。
これは浅はかだったのかな? なるほど。
並べて論じるものではなかったと。
しかし、そんな価値観の対立が常に作中で描かれていた様に感じましたので。
……うーん。
それでも違うのかな? 勉強し直します。


サンジがルフィを拒んだのがフリだと考えてしまうと、なんですが。
あの最後の涙の意味が軽くなる様に思うんです。
全力でルフィ達の申し出を拒んだからこそ、
それでも投げかけてきたルフィの言葉が刺さったのであって。
熱い涙が止められなかったんだと私は考えてみたんです。
だからって私の考えは、あくまでも一つの意見に過ぎません。
生意気書いてゴメンなさい!

いろんな「王」

2つめ!

王の資質、深いです

「王」とはいえど、いろんなタイプがあり、
それぞれ目指す道が違えば「資質」も異なって同然

ルフィとイチジではまず、目指す「道」が違う
それを置いても「王」として人の上になる身としての「資質」ですよね?

自らが「我が王である!」と権力やら血筋を振りかざすのか
例)ジャッジ、ドフラミンゴ、ワポル、イチジの目指す王

周りが「あなたこそが王である!」と認められて事実上なるのか
例)リク王、ドルトン、コブラ(?)、そしてルフィ

対比といえど、深いものがありますね、おもしろいです

ただ、数回にわたってひっしくんが
ジェルマの北の海の制圧 が小せぇ!
という発言はちょっと待った!なんです私。

1/4の海を、国を、世界を制圧するってことなんです
(例えるならアメリカ合衆国)

海賊王は国や世界は制圧しません、海賊(自由)の王です
(例えるなら世界に通ずる企業?)
ま、ルフィはその「資質」によりタダの海賊王ではすまなそうなんですが

ま、から騒ぎなんで、スルーして良いんですが
引っかかるんでね~書かせてもらいましたっ。

Re: いろんな「王」

からからかんさん! コメントありがとうございます!

なるほど〜。
北の海だけといっても制圧となると小さくないぞと。
そう言われればそうですよね!

実は、
この話は覇王色の覚醒まで広げるつもりだったんです。
イチジは王として覇気の覚醒があったのか。
ジャッジがサンジの覇気に驚いてましたからね。
国民からの圧倒的な支持がイチジにはありまして。
この話題は これから出すやも知れませんで。
また書く事になればヨロシクです!
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ