【第845話考察】サンジの願いは聞き届けられるのか

週刊少年ジャンプ 最新号が発売されましたね。
しかしONE PIECEは休載です…。

ここでは先週の
ONE PIECE最新話を読んで
私が 考える事を書こうと思います。
 
いつもの連載考察は お休みです。
守れないと言われて怒るサンジ
守れないと言われ怒りのサンジ。
サンジは全てを守りたい。

いつも沢山の拍手をありがとうございます!

第845話を マンガ筋は どう読む?



FC2Blog Ranking

右を見ても左を見ても
逃げ道なんかない
だから抵抗をやめると決めた
それを条件に…!!
ビッグ・マムに仲間達を見逃して欲しいんだ
今まさにルフィ達が狙われてる…!!!
(第845話)




サンジはルフィの事がよく分かってるハズ。
待つと言ったら待つ男。
怒りの軍団とすれ違うサンジ達
サンジは怒りの軍団と城の外ですれ違ってます。
上の言葉なら顔合わせの席で言うべきである。
おれは抵抗しない。
怒りの軍団を引っ込めてくれ、とね。
それをしなかった。
させなかったのは尾田先生であって。
そこにはストーリー上における意図があるのかも。

ルフィの覚悟の演出!

私はそう考えていまして。
当然 逃げ出すものだろう。
立ってられるワケがない。
そういった考えを吹き飛ばすルフィが
ルフィ 立つ!
ドン!
傷だらけになっても…とね。
これを余す所なく描写した後でしょうか。
まだまだ これからだぞって時。



果たしてサンジの願いは
聞き届けられるのか?




電伝虫が突然かかってきたり。
ホーミーズが飛んできたり。
怒りの軍団に撤退が命じられる。
この展開はあるのかどうか。
これを考えてみたいんです。



まず、サンジの提案に対して、
誰も傷つけず消えたいと言うサンジ
プリンは何も答えない!


持病の癇癪が出た時もそうでした。
怒りのマムを止める術はないんですね。
実の息子の話も聞きはしない。
そもそもマムは誰かに言われて決断を変えたりするのだろうか。
向かわせたなら もう覆りはしない。
更に怒りの軍団はクラッカーの仇討ちの軍隊であって。
怒りのモンドール
軍隊自体が狂気にかられてる今。

何をどう願おうがルフィ討伐を止める事は不可能。
クラッカーが倒された事は結婚とは無関係。
手を出したのはルフィの側であって。
どっちが先かなんて この際どうでも良い。
その落とし前をつけようってだけの話なんです。

それを同じクラッカーの妹として分かってるからか。
どうにも答え難いというのが
プリンとしての立場ってモノかも知れませんよね。



「それは無理よ サンジさん」



このパターンが有力でしょうか。



これを聞いたサンジの心に…。なんてね。
そんな流れは どうでしょう。
数時間後(or夜)サンジが一人城を抜け出して。
あの場所に戻ってみる。
やはりルフィの事が心配で心配で走る!
そこには虫の息のルフィの姿が。
サンジの手には
手早く作った簡単な手料理があって。
でも おれは戻れないんだルフィ、とね。
それを食ったら次へ進んでくれないかと。
ブレスレットを見せたり、
ゼフ達の事をサンジが説明を始める。
両者は別れるんだけど…ここから翌日の結婚式へ。
ルフィとナミの奪還作戦の本番がスタート。
全てを知ったナミも決意を新たに!
ルフィのポケットには
食べずに残したサンジの手料理を弁当にして。
最後のメシなんかにしてたまるか!


熱いよね〜!!!!!!


残念ながら一度敗けてしまうパターンですよね。
これまでも何回もあった。
それでも折れないという展開と言うか。
クロコダイルに くし刺しにされるルフィ
怒りの軍団もルフィの息の根を止めたと思ってた。
しかし… です。




では、これとは違うパターン。


先に書かせて頂いた様に、
この結婚とクラッカーの仇討ちは全くの別件。
何を言ってるんだ?って話。
しかし、プリンは頼もうと言ってくれる。
謝るプリン
自分を犠牲にしてでもルフィ達の為に。
そう一度は手助けしてくれたのはプリン。
再度 ルフィ達の為に動いてくれるのかも。


それが
出来るだけの力を
プリンは持つ?



ここの描写ですよねぇ。
三つ目の女性はプリン?
あの三つ目の女性の謎。
これはプリンであって。



プリンはマムの
側近中の側近?




絶対にダメだと言うマムに進言出来る。
あるいは、
怒りの軍団を止めてしまうだけの力。権力。
マムに お伺いを立てなくても
直接 軍団にやめろと指図出来る立場。
または、
将星カタクリと将星スムージー
残る2将星とパイプがある。
どちらかと姉妹であったり。
将星その人がプリンだったりの仰天展開も。



サンジはプリンとの結婚を
明日 結婚しよう
ついに決心し言葉にしました。


ここからプリン自身の正体が明かされ出す。
カフェ「カラメル」オーナー
カフェのオーナーとだけ明かされていた謎。
そこに迫る秘密がいよいよ。
もう後戻りは出来ないサンジが真実を知る。


この流れも面白いんですよねぇ。




もちろん その他の周辺状況と絡めてね。
もっと物語は複雑に展開するのかも。
それでもね?
願いは聞き届けられるのか、それは無理なのか。
ここだけに絞っても
これだけの予想が出てくる話でして。
見逃すのは勿体無いと思うんです。ふふ
読者さんには考察好きの方も多いでしょうから。
少しでも刺激になれたらな、と思います!



どうでしょうか。


マムはクラッカーの事で怒ってるハズ!
怒ってるんだけど軍団を向かわせて溜飲を下げた。
それでニコニコしてるんだと思うんですね。
普通に考えれば却下なんですけどねぇ。
サンジが頼もうって言ってるんだから。
ここから何かありそうなんです。
さぁ どうなるんだろ。



ありがとうございました!!!


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

No title

ひっしさん、どうもです。
せっかち君で本当に申し訳ございません。

今回も楽しく読ませていただきました。二つとも”ありそ~”です。
マムに進言出来るのは三つ目ちゃんだけでしょうね。
プリンはあくまでカフェオーナーの立場、でも夜だから三つ目ちゃんは登場出来る。

やはり、ひっしさんのおっしゃるとおり、ナミ・プリン女が鍵を握るのは
間違いなさそうです。

Re: No title

ワーテルさん! コメントありがとうございます!!

いえいえ、いつも本当にありがとうございますね!
色んな意見を互いにお話しさせて頂きながら、楽しい時間を過ごさせて貰えてます!
どうなるんでしょうね。
もう1週間あります。次も大きなポイントになりそうな。
場面転換か、あるいは もう少しこの流れで進めるのか。
待ちきれませんね。


女性が鍵を。どうでしょうかね。
期待しちゃいますよ! へへ

そもそもマムに仲間を見逃して欲しい
という願いは、本当の願いではないんですよね。
サンジの一番の願いは麦わら一味に戻り、今まで通り冒険を続ける事!

今は、サンジの願いとルフィの願いが食い違っている状況。
どこかで一致するはずなんですが。
まだまだ先でしょうかねー。

ルフィが口にした「これは決闘だ」の意味。
その前に口にした「お前とは戦わねぇ」の意味。

ルフィが口にした決闘とは心の決闘と言う意味なら、サンジも簡単にはルフィの元には戻れない。
でもサンジは決闘を受けたのかなぁ・・・

う~む。ひっしさんはどうです?
決闘。軽くないですよね?言葉として。

No title

真のプリン説
いいですね。マムの側近中の側近
少なくともプリンには他の兄弟とは何か違う感じがします
プリン=将星 これも含めてまた考えてみたくなりました

んで・・ 結婚の条件は前から決定事項だから聞けないねぇって
サンジが食い下がってマムにお願いしたら
聞き届けてやるから・・・「お前も何か失えよ!」ってマムが
言いそう(笑)
サンジの大事な人達
ルフィやナミは今、救って欲しい対象だから除外

サンジが差し出す等価交換はヴィンスモーク家の肉親
(サンジからすれば1の指でも2の首でもお好きにどーぞ♪)
お茶会でマムにお願いしなかったのは
ジャッジ達に聞かれたくなかったから。

プリンと結婚すれば麦わらが傘下にならなくて良いルール
その応用で麦わらの一味はもう無関係
ルーレットの対象にも適用されない存在になるのか?
ただ、ここまで持ち出すのもアレですけどねぇ(苦笑い)

こんな状況をサンジは作り出したいのかなぁ??
つまりはサンジは大博打を既に始めているのかも?


ひっしさんの簡単手料理の話・・・読んでで泣けた!
作ってる途中でヨンジが「こいつまたネズミの餌作ってるやがる」
とか言ってチャチャ入れるの(怒)
色々、僕なりに味付けして妄想中(笑)

Re: タイトルなし

謎のマスクマンさん! コメントありがとうございます!!

分かります!

サンジとしては一味に戻りたい。
それが本当の願いなんです。
でも、それを持ち出しちゃうと、ルフィが何と戦ってるかについてが少々ズレるんですね。
ルフィは帰れという「サンジの嘘」と戦ってるんじゃないでしょうか。
それに屈してしまうとサンジの嘘が誠(真実)になってしまう。
受け入れちゃってはダメなんです。離れてはならないんですよね。あの場所から。
船長として。嘘が分かってるからこそ。

サンジと決闘してるんじゃない。嘘との決闘。
だからサンジを殴らない。構えもしない。

こう考えているんですが。どうでしょうか。

Re: No title

よおさん! コメントありがとうございます!

そうだ!

ジャッジ達は縁が切れてると思ってるから。
それでランチの席では持ち出さなかった、と。
なるほど!

サンジが何かを願い出たらマムからも何かが…。
これはありそうですよねぇ。
更にサンジが追い詰められる展開になるのかも。
苦しい〜。

プリンについての謎もそろそろ明かして欲しいですし。
色々と考えなきゃならない事があります。


ルフィの空腹の事もあるんですよね。
それがあったから今回の記事になった部分もありまして。
私も書いてて泣けてきそうでした。
熱い展開を求むんだけど… タイヘンです。

No title

ひっしさんの記事連載のペースについて行けず…^^;

サンジとプリンの直訴。
これはあると思うんですが…果たして 聞き入れられるか?

前記事のマムの親としての在り方にもよるのかと。

サンジ単独では恐らく無理。
プリンも一緒なら…もしかしたら。

そう思うのは、ペコムズの件、タマゴが よしみでマムにっていう。
あの発言から マムにもある程度の情は通用しそうな気もするんですよね。

もちろん プリンの立ち位置も関係してくると思います。
プリンがなぁ 謎すぎる。
モヤモヤしてダメだぁ〜(>_<)

あ、もう一個モヤモヤ。
多分 私だけ…
結納の席でも兜を取らないジャッジに。
もうね、兜の下が気になっちゃって気になっちゃって^^;
ジャッジとシーザーから
くだらない妄想してます…


No title

こんばんは。

プリンがサンジに 「マムを止めるのは無理」 と言うパターンはありそうですね。
このパターンであれば、腫れた顔であることも利用して ルフィの元へ向かえそう。


一方、もしプリンが側近中の側近 かつ 白プリンだったなら・・・、
その特権でドレスの試着も断って、海岸に行けていた気もするんですよね(^^ゞ
となると、このパターンでは今までのプリンの行動が全て演技になるような・・・。
プリンを疑っている私としてはありなんですけどね~(^^ゞ

そもそもパティシエールなプリンが カフェのオーナー というのがオカシな話(苦笑)
菓子職人として食べてもらいたいならお菓子屋を、チョコを食べてほしいなら
チョコバーガーやチョコパスタでも作って売れば良いはず。
瓦チョコ以外のチョコは、公共物として食べてもいいらしいけど、自分の店をチョコで・・・。
ペロペロ、ビスビス等の能力者ならまだしも、料理人がそれをやるのは・・・。
たぶん、サンジが見たら哀しむ・・・いやブチ切れる行動な気がします。

脱線しました(^^ゞ
側近だとしても、マムも兄弟姉妹の怒りも止められない気がします。
プリンの下の兄弟姉妹を見れば、マムの子どもは皆、そうなんだ・・・と。


となると、ルフィの危機に関しては、サンジが機転を利かせるか、
サンジとプリン以外でどうにかするかしか無いかな?と思っています(*^^*)


Re: No title

ひこさん! コメントありがとうございます!!

そうそうそう!

ジャッジが兜を取らないんですよね。
まーだ 何か隠してますね☆ 尾田先生ったら(笑
私も気になってきました。なんだろ


で、今回の記事というのは一つ前のマムの事が微妙に絡んでそうなんです。
そして仰る様にサンジからすれば情に訴える部分でして。
タマゴ男爵のセリフもありましたよね。
マムはどういった決断を下すのか。
ここは注目ですね!!


え〜っと。 もう1本あるんです。ウフッ
どうしても書かなきゃならない事が第845話には。
それ書いたら少し休もうかな(笑
その方がイイかも知れませんね。
連続連続ですから。 ハハハ

Re: No title

みそさん! コメントありがとうございます!!

なるほど!

言われてみれば その通りなんです!
これを止められる特権があるならば、試着なんてイヤ!で良かったんです。
そうかぁ。
となると、止めるとすればサンジと一緒に懇願。
または別の方法でGO! の可能性もありますね。

明日の結婚式本番に向けてルフィが動くキッカケが欲しいんです。
ここでサンジともう一回会うのかなぁ。
もう少し可能性を詰めてみますね!


プリンの行動は ある種 食べ物を粗末にしてます。
解体しちゃうみたいなんですよね。時期がくれば。
これは仰る通りサンジならブチキレます(笑
「後で全部 住民で美味しく頂きました」
そんなテロップが必要。
ここに関しても何かサンジからあるのかな?
気になりますね!


とにかく次でしょうか。ルフィの危機がどうなるか。
待ち遠しいですね! ホント

No title

ひっしさん、どうもです。
ふと閃いた事を書かせていただきます。
「バケモノ」ってキーワードになりませんかね。
三つ目ちゃんはもちろん、鏡のルートを使ってチョッパー・キャロットも同じ部屋に来れます。
サンジとチョッパーのドラムでの会話、サンジがルフィの事を「バケモノ」とチョッパーに説明する。
そういう扱いを受けていたチョッパーは和んだと思います。
たぶん三つ目ちゃんもそう。
気にしないであろうサンジとチョッパー先生の心療治療を予想しています。
キャロットもバケモノといえばバケモノですし。

Re: No title

ワーテルさん! コメントありがとうございます!!

それ 鋭いっス!

トットランドの成り立ちからしてもね。
この要素がある風に思えるんです。
世間からバケモノと呼ばれる者達が人間と差別なく暮らす国。
キーワードに? ではなくて。
もう しっかり大きなキーワードになってるんじゃないでしょうか。
これ面白いですよ〜! うん!


マム自体がバケモノ扱いされた過去があるのかも。
デカイ デカイ 気持ち悪い、珍獣だぁ〜って。
チョイと考えさせて下さい!
三つ目の事もありますもんね。
深く考える事で何か見えて来そうな気がします!

No title

どーもです

コチラも

本物のMrプリンス現る・・・では(笑)

ルフィと決闘したウソップが、和解前に手助けするためにそげキングになった
今度は、サンジがMrプリンスに変身する。麦わらの一味とは関係ない魔界の王子!へ〜ん~し~ん!チャキーン(笑)

クールな時のサンジらしく。上手にルフィを逃がす算段をつけるような・・・
もちろんそれだけじゃ万国のオチはつきませんが、今のルフィの現状は進みだすような

そげキングの時、ルフィはウソップに気づかなかった
Mrプリンスは、ルフィには正体がわかる・・・けどマムたちはわからない・・・展開

ルフィはサンジと気がつくから本位でなくても、そこから動かざるを得ない
作戦変更・・・ナミ、チョッパー、ブルックどうする・・・みたいな

どうでしょう

Re: No title

らくださん! コメントありがとうございます!!

このサンジ奪還は エニエスのロビン奪還と被るんですが。
サンジの場合は どっちも素顔なんですね。
ハハハ
たぶんマム達はダマせないかなぁ…。
ルフィとチョッパー、ウソップの目が変なんです。
他と比べて段違いに。むしろ異常です(笑

しかし そげキング展開は面白くて。
あのパックは変装マスクと言える代物なんですよね。
ここはドンと待ってみましょうか!
何かギャグを挟みながらで来るかも!

奪還の繋がりから展開寄せはありそうな。

こんばんは!

どういう風にコメントしょうかな…と考えてたところにワーテルさんの「バケモノ」というキーワードに食指が動きまして、ちょこっと便乗させて頂きまぁす♪

もしかしてマムはいろんな種族の混血なのかもでしょうかね?
それで、どの種族からも半端者扱いされトットランドを理想に掲げた、とか。

閉鎖的で保守的な階級の出身とかかも知れませんね?
それでいくとミンク族や魚人族のような種族との混血によって生まれつき備わっていた性質による多産の可能性もと…。
マム自身2、3種類以上のミックスであれば希少ですし。
それゆえ、種族に纏わる何か悲しい過去もあったりするかもですね…。

希少と言えば、プリンちゃんもですかね。
ここまで正式に紹介されていませんので、インパクトのあるものがあると良いですね!
勿論、いい子のプリンちゃんで♡

Re: タイトルなし

2番隊見習いさん! コメントありがとうございます!

お返事が遅れちゃってます。ごめんなさい!

マム自身にも秘密がありそうですよね。
彼女の血を引いてるハズなのに普通サイズの子供も沢山いますし。
様々な種族の血をすでにマムは引いてるのかも。
悲しい過去はありそうなんです。
同じ目線で食卓を、なんて夢もね。悲しい背景がありそうな。
ここは大注目ですね!

プリンと三つ目の事もありますし。
そろそろ明かされるのかな〜。楽しみです!
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ