ポーネグリフの硬石とラフテルと月の石

月という存在。
月 -“限りない大地(フェアリーヴァース)”-
エネルは言います。

夜空に目映く浮かぶ
あの神の世界へ
“限りない大地(フェアリーヴァース)”へ
  (第300話)


自らを 神と考えるエネルにとって

“神”は そこに存在するものとされている  (第274話)


月という
限りない大地(フェアリーヴァース)こそ
自分に相応しいと考えるのは
ある意味 当然だったのかも。

その月の地下の古代都市には壁画があり
月の壁画の3部族
空島編で登場したキャラと酷似する人物画がありました。
その理由も早く知りたいトコロなのですが、


ルフィが冒険する舞台である青色の星。
この星と月をつなげるものは何なのでしょう。



例えば文字
あるいは科学

月から何者かが やって来ていたとして
その痕跡を探るものは
キャラの容姿と それら文明的なモノだけ?

物質として何か残っていないのでしょうか?


例えば 月の石 。 そんな お話し。

FC2Blog Ranking

地球外物質ならぬ
青色の星外物質があるとすれば
これだけ
大地(ヴァース)大地(ヴァース)と言っていたのだから
土だけじゃなく 鉱物としての石の存在が
どこかに あるのかも、 と 思えてきますよね。


それこそが
何しようがキズ一つつかねェ石
歴史の本文(ポーネグリフ)だと
ある人は言うでしょう。

爆破しようが
何しようが キズ一つつかねェ
気味の悪い石だ、、、  
(第395話)

奇妙な石ですもんね。

私も 以前は考えていました。
でもね?
これは高度な科学で説明可能の石だと
最近になって考え直しました。

この石は 青色の星のモノだろうと。
元々 青色の星の石(土砂)に加工を施し
砕けぬ硬石を作り出したのだろうとね。



月の石があるとすれば、
もっともっと異質な何か。
そこにあるだけで
自然と異質な現象を引き起こす。
そんな石なんじゃないか。
そう考えたんです。



偉大なる航路(グランドライン)
グランドラインの島々は鉱物を多く含む
その常識が一切通用しない海にあっても異質
そんなモノがあるとして、
何を念頭に探せば良いのだろう。
そこで 考え至ったのは、


磁気!!!


これしか あり得ないんじゃないか?
そこから出てきたのが 前回の記事。
磁気を無効化する鉱物(石)。
そんな鉱物の塊がラフテルだとすると、
歴史上にもラフテルを確認したのは海賊王の一団だけ
最終地点にあるハズなのに
誰も たどり着けない事にも納得できそう。


また、
そんな性質の石が 他にも残っているのが
魚人島のナマズ大臣(左大臣)の説明による

磁気を失う島  (第653話)

にあるのかも。

そんな事を考えたんです。
ナマズ大臣の言う島は
おそらく終盤にかけて出てくるでしょう。
その秘密を知る事は
ラフテルの秘密に迫るモノだと思うんです。
ま、
知ったトコロで行けませんけどねラフテル。
そこは行き方を解き明かさねば。


この様に 磁気を念頭にすれば
ポーネグリフが
いかに異質ではないかが分かるんです。
ポーネグリフは どこにでもある石です。
グランドラインではね。
グランドライン特有の鉱物を固めたモノ。
それがポーネグリフだと思います。
あの硬石は月の石じゃないハズなんです。



繰り返しになるでしょうが見て行きましょう!


ポーネグリフという硬石の大前提。
それは 磁気を発しているという事!!!
それも、
グランドラインの島々が引き合うよりも、です。
そこが 私の説でいうトコロの
異質か否かの 両者を分かつ理由です。


大量の大地(ヴァース)に圧力をかけ、
固めに固めたモノがポーネグリフの硬石。

だから
発する磁気も強いのだと考えました。
自然界にある鉱物よりも
より強く記録指針(ログポース)を引っ張る。


大量の大地(ヴァース)???


どこから???



ココからでしょうね。
エニエス・ロビーを見降ろすルフィ
すんげー穴ボコ が ありましたでしょ?


底が見えない程 掘った穴だとすれば、
その大量の大地(ヴァース)は どこへ?
これをポーネグリフに加工した。
私は そう考えました。
あれが海に開いた穴ではないだろう事は
すでに考察しています


そもそも 空島へログが奪われたといって
島雲を形成するパイロブロイン(海楼石の成分)ではなく
神の島(アッパーヤード)が それをしたのなら、
片割れの青海のジャヤに上陸後も
より近いジャヤを指す事なく
空を指すログポース
空島を指し続けているのは理解に苦しむ。
上空と地上の同じ島ではない何かが
ログを引っ張ってるって事になるハズなんです。

そうなりゃ ポーネグリフの有無が
指針の向きの違いを生じさせているのだと思います。
より強く発する磁気に引かれた、と。


そして、
ログポースが グランドラインの外では
グランドラインの外では記録指針は入手困難
入手が困難である点です。
本来なら リヴァース・マウンテンの前に
準備すべきモノだと思いますよね?
それが できない。
させないんだと思うんです。 世界政府が!

鉱物を多く含まない グランドライン外の海では、
ログポースによって
ポーネグリフの位置が判明してしまうからでしょう。
世界政府は それを許さないハズ。
磁気を発しない島々において
強く磁気を発するポーネグリフは
ログポースによって容易に見つけ出せるから。
逆に グランドラインに点在しては混じって見つけ難い。
こういう理屈だと考えました。


空島スカイピアにて
人が作り出した雲(雲の加工技術)
島雲が加工されていた様に
科学力によって
グランドラインの島の大地(ヴァース)が加工された物質が
ポーネグリフの硬石であるならば、
これらが説明可能だと思うんです。


磁気というモノについて
スリラーバークはログが反応しない
4つの海の島は有しておらず、
グランドラインの島は帯びている。
有るか無いかの 2択。

強弱はあれど
ポーネグリフも発しているとすれば、
青色の星のモノサシの範疇を出ない。


そこからハミ出す要素となれば、
無いのではなく かき消してしまう。
青色の星の島の磁気の無効化。
これこそ異質であり、
青色の星外物質の可能性を思わせるモノではないでしょうか?


もう一つ 上乗せすれば、


その鉱物も 実は磁気を発している。
が、
青色の星のモノではない為に
星特有の磁性を無効化させてしまう。


だから、
その鉱物のありかを探る為に、
島と島とが引き合う磁気
一つ一つの島同士が引き合う磁気を記憶させつつ
星を一周し、

強力な 1本の磁力線を作り出す必要がある。
引き合い収束していく磁気を記憶させて行く事で、
全ての島を巡らずとも
グランドライン全体の磁気を 一まとめにする。


リヴァース・マウンテンの双子岬という
N極から出た 7本の磁力線が引き合い、
反対側の S極へと収束する 1本へと
つなぎ まとめられた時、


月の石が有する磁気の効果を打ち消し
リヴァース・マウンテンの反対側ではない、
最終地点への道が、、、



ここなんです!!!


ここからが 悩みドコロなんです。
グランドラインの島と島が引き合う磁気。
それが 1カ所、
無効化されてるからこそ 誰も たどり着けず、
グランドラインを制覇し、
磁気を1本にまとめ 強力にしたから
この記事の考えによって
ロジャーは確認できたのだと思うんです。


常温超伝導物質である鉱物(ラフテルを形成するモノ)が
<↑現実には発見されていません>
グランドラインの磁力線を遮断しつつ存在している。
その磁力線を強化し、
臨界磁場を越え 超伝導状態を破壊する。
それによって 指針の指さなかった鉱物が さらけ出される。
それがラフテルの秘密を解き明かすカギではないかな?


磁気の反発で考えてたんだけど
調べてみたら
こんなのが出てきて驚いたんです。
ピッタリじゃないか、と。
作中の設定にもピッタリでした。



さて、 その次です。
ラフテルへと
指針が導いたのだと思うんです。そりゃ。

ラフテルが 月の鉱物だとすれば
それと引き合うとすれば 同じ月の鉱物でしょ?
論理的に。
ロジャーは
どうやって ラフテルを確認できたのか、です。


月が導くのか
月へ導くのか

何にせよ ラフテルこそが、
青色の星と 月を つなげるのであり
やはり 大地(ヴァース)であり
それは月の石ではないだろうか?
空島編で上空へ飛んだ大地(ヴァース)。
もう一つ 下りて来た大地(ヴァース)。



とにかく 2つ考えられるんです。 続けますね!
ありがとうございました!!!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

ONE PIECE(ワンピース) ブログランキングへ
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ