【第853話考察】プリンの演技

週刊少年ジャンプ 最新号が発売されましたね。

ここでは
ONE PIECE最新話を読んで
私が 考える事を書こうと思います。
 
いつもの連載考察は お休みです。
大好きな姉さん
このプリンのセリフに嘘や演技はないハズ。

いつも沢山の拍手をありがとうございます!

第853話を マンガ筋は どう読む?



FC2Blog Ranking

声色


プリンのセリフというのは
大きく2つに分ける事が可能なんですね。
第853話ならコレとコレ。
プリンはハーフ
このコマにおけるセリフの書体デザインと
マムの部屋でお話し
恥ずかしいと言うプリンの書体デザイン。


演技上手のプリンが、
七色の声を使って相手を騙している。
そういった描写だと思うんです!
マム相手にもですね。
プリンはマムに対しても演技をしています。
今まさに2つの声色(心)を使い分けてる。


恐らく プリンは
マムを騙しています!



囚人図書室にやって来たプリン。
式の途中で撃ち殺すと言うプリン
ルフィ達に計画を語りましたよね?
これはマムには内緒のハズです!
なぜなら、
今回 プリンの肩にいるニトロが…
囚人図書室に現れたプリン
囚人図書室に来たプリンの肩にはいなかった!
マムに対して内緒の行動だったって事ですね。
しかし、
ニトロとラビヤン
ニトロにとってのボスがマムとは限りません。
ここはまだ確定ではないんですね。
マムのビブルカードにキス
マムのビブルカードがあればホーミーズは操れる。


それにしたって、
「ニトロに内緒=マムに内緒」の図式は成立します。
この結婚式の計画が、
ママの計画通りと語るプリン
マムの計画通りだとレイジュに語るプリンは、
その裏でルフィとナミにも打ち明けていた。
オペラに隠れて話をするプリン
オペラには聞こえない様に。

また、レイジュからは計画の記憶を
メモメモの実の能力
メモメモ能力で編集したにもかかわらず、
プリンにダマされていたと言うルフィ
ルフィの記憶は何ら編集しなかったんですね。



ニトロを連れずに現れたプリンは、
マムに内緒で
計画をルフィに対して暴露した!




ここには大きな意味があるハズなんです。
しかし こういった御意見もあるでしょう。
捕まって動けないルフィに対してだから意味はないのでは?
そうでもないんですよね。
ジンベエの登場です!
ジンベエ登場!
捕まったと聞いてな…

誰から聞いたんでしょう。
実はジンベエは誰でもないプリンから聞いた。
そうだとすれば面白くなりますよね。



コソコソとルフィ達に計画を暴露した上で、
裏でジンベエにルフィ達の事を伝える。
きっとジンベエはルフィ達を逃すハズ。
ここまでの絵をプリンは描いていた。
そして その通りになった。
そういう事なのではないかな。
ジンベエは今回の結婚式の計画を知っているのか。
ここはまだ分かりません。
勝手にルフィは飛び出して行きましたからね。
ルフィは物語をヤヤこしくさせてくれます(笑
少しズレが生じてるかも。



それでも、まず間違いなく計画はあるんですね。
ヴィンスモーク家は皆殺しよ
サンジを含めたヴィンスモーク家皆殺し計画はある!
プリンの言う通りマムの計画なのか。
もしかするとベッジが企んでいるのか。
ここは分からないとはいえプリンは知ってる!
この計画を潰してくれないかと考えて、
ルフィ達に暴露した上でジンベエに解放させた。


計画を阻止して下さい


これがプリンの本音であって。
式の途中で撃ち殺すと言うプリン
真の姿である三つ目を露わにして語った言葉こそが演技。
サンジを撃ち殺す計画は真実でも、
プリンはそれをしたくないって事じゃないかな?
しかし、したくないとは言えない。
とにかくサンジを守って下さいって事だと考えます。
自分自身はルフィ達にとって悪人のままで良い。
自分をブッ飛ばしてサンジを救ってあげて。
その気持ちが、
さよなら
涙の「さよなら」に出てるのではないかな。


これまで騙しててゴメンなさいって気持ち。
それがプリンの中にあるのかも。
ショコラタウンでルフィ達を騙してた時と、
囚人図書室でルフィ達に計画を告げるまでの間。
ここにプリンの心境に変化があった。
それこそが このシーンではないでしょうか。
ローラのビブルカードの話をするプリン
ナミがローラのビブルカードを持っていた事を知るんですね。
メイドさんから教えて貰うんです。
この後でしたよね。
少しベランダで雨に打たれてから囚人図書室へ。


サンジを含めた麦わらの一味はみんな
大好きな姉さん
大好きだった姉さんのお友達だと知った。
彼らは殺させちゃいけない。
ここに心境の変化を私は見ました。


上のローラ(姉さん)を語るセリフの書体デザイン。
思わず漏れた本音を表してるのではないのかな?
プリンは85人兄弟
↑ このセリフの書体デザインとは違ってますし。
本当はローラか誰かを含めて86人兄弟なんだけど。
85人というのはプリンの本音としては違ってたりね。


ただねェ。姉さんの時の書体というのは、
もじもじするプリン
このシーンだとか、
サンジの事を語るプリン
サンジを語るシーンと同じなんですね。



ここの解釈に困るのも事実でして。
この第828話。
よく見たら知ってる顔と語るシーンだとか、
上のサンジについても本音なのかな?とも思えます。
そこで第851話なんですね。
ここでも書体デザインに違いがあります。
誰が結婚するかってのよ! とプリン
逆にサンジを貶める言葉こそが演技だったりね。
もちろんレイジュに対する演技ではありませんよね。
ニトロとラビヤンに対する演技が必要。
レイジュとプリン
レイジュに語る計画の方の全てが本音。


実はプリンは本音ではサンジに惚れてるのかな?
だからこそ 先に書いた様に、
ルフィには真相を打ち明けてジンベエに脱走させた。
ここに繋がってくるのかも知れません。
プリンとしては、
最終的にサンジと麦わらの一味には無事に出て行って欲しい。
サンジには、ヴィンスモーク家との縁を切らせつつ、
招待状の呪い
招待状の呪いから解放させる必要もある。
結婚式のスタートは絶対なんですね。
ヴィンスモーク家皆殺しは成功させてやらねば。
あとはサンジを撃ってしまう前にルフィに阻止して貰いたい。
この難しい綱渡りをやろうとしてる…。


こういう事なのかなぁ。


あとは 計画の首謀者ですね!
マムで良いのか。ベッジが暗躍してるのか。
マムの部屋でお話し
何をマムに語るかによるのかな?


ここも考えたんですけどね。


恥ずかしい話 なんですよね? どうも…。
話の流れからすると、
第三の目が真の開眼
三つ目族に関する話でしょうか。
こちらの話をするのか…
ブルックが捕まってよかった
捕まったブルック(裸)に関する話かな。 ハハ


まだ結婚式の計画の真相は明かされない気がしてます。
もう少し物語が進むのを待たないといけない様な。
どうでしょうね。 難しいです。


ただ… プリンはプリンで企んでますね。
ルフィに計画を語った事は無意味ではない。
少なくともマムに内緒で動いてます。
ニトロにも内緒で。
そしてマムに対して演技をしていそうです!
それが今回 私の中でハッキリしました。
あくまでも私の中でですけどね(笑



ありがとうございました!!!


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

No title

ひっしさん、皆さん、どうもです。
プリンを制する者はHCIを制す。
縦の糸がプリンで横の糸はマム。
とにかく結局、思考が進んでいないって事です(笑)。

ペドロの動物の勘を信じて、ルフィ達の味方ではないと考えていました。
でも、ルフィとナミにこそこそ作戦を教えたり、先にレイジュを襲ったりと
マムに逆らってそうな動きも見せる。
ベッジ又はイチジとつるんでいるのか。
本当に先が読めない。
どういうオチを用意しているのか、「可愛い娘には気を付けろ」なのか、
「三つ目で普通の人と違っていても優しい子はいるんだよ」なのか。
どっちかのはずだと思うのですが。

Re: No title

ワーテルさん!コメントありがとうございます!

プリンを制する者はHCIを制す。

名言出ましたね!

まさにその通りだと思うんです。
しかし なかなか制する事が難しくて(汗

彼女の行動には一貫性がなくて。
それは演技が得意であるからなんですが、それだけでは説明ができません。
もう少し考えてみます!
裏に誰かがいるのか、誰もいないのか。
稀少な三つ目族とマムの事が追加された今、色んな見方ができそうですよね。
どっちなんでしょうね。ホント…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさん! コメントありがとうございます!

はじめまして! これからもヨロシクです!


あの銃、そして弾丸は気になりますよね〜。
可能性は高いと思います!
裏で動いてる気配ビンビンですもんね。
全体がまだ見えて来ないんですが。
ベッジとカタクリを物語のどこに配置するかは非常に興味深いです!
私としても考えてみますね!


オカマさんの血を輸血してましたもんね。
あれによって女性に対する免疫がつきました(笑
それこそがオカマの血統因子による影響なんでしょうが。
どうでしょうね。 ハハハ

ひっしさん、こんにちは!
記事読ませて頂きましたよ!

「プリンの演技!」

これまでプリンの事は色々議論してきましたよね!今でも謎めいています。

自分も「シケモク」のコメントで書いた様に、プリンはヴィンスモーク家殺害計画をルフィ達に止めて貰いたいのだと、思っています。
と言うかですね、プリンは「演技」を間違いなくしています。

色々考えたのですが、プリンは、最初からサンジを殺害する気等無かったのではないでしょうか?!

レイジュに語ったヴィンスモーク家殺害計画、これこそ「演技」ではないかと睨んでいます。
サンジがバルコニーからレイジュとの会話を覗き見する事、これも全て計算済み!
プリンはわざと自分を「悪女」に見せていた……

何の為に……

これは、サンジに自分を嫌いになって貰うためです!
ルフィ達の元に何のためらいももたずに戻って貰いたいからです!

恐らく、プリンは「死ぬ覚悟」を持っています!
ブルックがマムに捕まった場面でプリンは「捕まったのならよかった」とありましたが、これは「殺されてなくてよかった」と自分は、解釈しました。

この自分の考えは全然検討違いかも知れません……

ですがひっしさん、このままプリンが「悪女」だった場合、ONE PIECEの物語で史上初の「悪者女性キャラ」誕生になります。
アルビダから始まり、ヴァイオレットに至るまで、そんな事は今までありませんでした……
尾田先生がそこまでの「悪女」を描くとは到底思えないんです……

なので最終的な結論は、

「プリンは心の優しい持ち主!!」

プッチンプリンは「演技」です!
そうですよね、ひっしさん、ちゃんダーさん!

またコメントしますね!では!

No title

自分は今回のブルックに対する吹き出しを見て、ちんぷんかんぷんになりました。内心である以上、「骨男」という言葉は演技ではない。でも当初のいい子ちゃんが真の姿だとしたら、骨男なんて言い方はしないはず。だからプリンが単なる悪女でないとしても、「底なしの良い子」も演技って事になると思うんです。

「捕まったのならよかった」というのは、消息不明だとプリンにとって都合が悪いって事で、それを言葉にしていないのは、マムに対しても秘密の都合があるって事のはず。となると、プリンにはマムの計画とは別の計画がある。でも骨男という言い草から、ただただサンジやルフィ達のために動いているとも思えない。

とまぁいろいろ考えて一番しっくり来るのは、プリンは自由を求めているって事。でも逃げ出すのは難しいし、三つ目を求めてるマムから本気で逃げるのは難しい。だから今回の計画で、プリンが本当に殺そうとしてるのはヴィンスモーク家ではなく、マム。

でもそうだとしたら、回りくどいやり方なんかせずに、ヴィンスモーク家に計画をバラシて利用すればいいはず。ルフィ達も予防策みたいに使わずに、シンプルに演技して協力してもらえばいいはず。だからちんぷんかんぷんなんですw

例えばベッジと裏でつながってて、ベッジが体の中に超特大戦力を隠し持った状態で結婚式に参列する計画なら面白すぎますけどねー。誰かは全く想像できませんがw

Re: タイトルなし

ターカさん! コメントありがとうございます!

当初から、というのは なかなか難しい部分があって。
そこまでの良い子かは踏み込めずにいます。
話しながら色んな事情を知ってプリンは… で今のトコロは考えてます。
サンジの置かれる状況やローラのビブルカードを持ってる事や。
真っ白という事ではないのかな? と言いましょうか。
「人間」としての心は持ってると表現するのが良いかも。
この編のテーマとも合致すると思うんで。

もう一度 ニトロがいない時のプリンを探し出してみてね。
検証し直そうと考えてます。
やはりポイントはこれじゃないかと思ってます。

いくらサンジが結婚を諦めやすいとは言えね。
このままプリンが最低女だとすると、後味はやはり悪いです。
どうしようもないんですよね。
ここはターカさんと完全同意です!

ブルックとの事はまた記事にしようと考えてますんで!
ここは少し待って下さいませね!

Re: No title

はんにゃばるさん! コメントありがとうございます!

ブルックを見たプリンが何を考えたのかの部分。
ここは記事にせねばと思ってます!
「良かった」とは言いますが、マム側として喜んでいるのなら言葉にしても良かった。
そうではないんですよね。
もう少し考えてから記事にしようと思います!
また覗いてやって下さいね。

それと 私ね… プリンは自由を諦めたのかな?と考えてます。
やはり去り際の涙なんです。
あの「さよなら」です。
あの行動と涙は どう考えても言葉とは裏腹なんですよね。
あくまでも私個人の捉え方になりますけれど。
まぁ それでもチンプンカンプンですね! 同じっス(笑


全てを厳密に考慮する必要もないのかな?と最近は思い始めてます。
どれを重要視するかの選択が大切なのかなぁってね。
そこでもまた悩んでるんですけどね。 ハハ

あとはベッジ、カタクリ、そしてシーザーでしょうか。
ここの配置で見える部分もある様な。

ひっしさん、ばんわ(^-^)/

最新巻で、プリンの復習してましたf(^_^;
シケモクでの豹変で、完全に黒だと思っていましたが、コミックで改めて読んでみると、、、

ローラへの親愛
マムの自分たち子供の扱いへの不満、疑問

この2つは信じてよさそうと思いますね。

式での計画については、どこまでがホントなのか
難しいところ。プリン自身によってあの計画が実行されても皆殺しは難しいし、マムのお気に入りとはいえ投獄は避けられない。ルフィたちの乱入に乗じて自由を求め逃げるのか。

どうなるやら。。。
予想は困難を極めますなぁー

Re: タイトルなし

べいだーさん! コメントありがとうございます!

こんばんはー!

プリンは読めませんよね〜 ホントに!

あの涙のさよならが全てを謎にしてまして。
泣く必要なんてありません。
したり顔で笑って去るのが悪役としては… でしょ?
悩ませますよね。


私はもう逃げる事を諦めてると考えてます。
自由を諦めた涙なんじゃないかと。
死ぬ事を計画に入れるかとブルックは語りましたが…。
もし死ぬ気なら サンジが、というのは期待し過ぎでしょうか。
もう少し考えてみます!

ローラ姉がやってくることを期待

ローラは愛情深いお姉さんで
プリンにとってもかけがえのない存在だったのではないかと私は思います。
で…ローラはプリンのビブルカードを持っていて
ピンチになったプリンの元に駆けつける展開なんてないでしょうかね…。
ルフィがサンジにも聞いたように
きっとプリンにも「本心」というものを誰かが聞いてあげるのではないでしょうか。
以上、私のこうなればいいな♪な予想ですが…。

ラフテルやワンピースに関しても、ポーネグリフ関係はこの数ヶ月で数年分わからなかった事が見えてきて面白いですね。

レヴェリーもあるしワノ国もあるし…
楽しみでしかない♪

記事また楽しみにしています♪

Re: ローラ姉がやってくることを期待

期待をしていますさん! コメントありがとうございます!

初めましてでしょうか?
これからもヨロシクです!


ローラ登場のタイミングなんですよねェ〜。
出てくるんだとは思うんです。ひょっこり用事があって。
ホールケーキに戻るにはマムのビブルで大丈夫なんですが。
プリンのビブルも持ってたりするのかな?
これもワクワクしますよね。

ローラの知るプリンという女性。
ローラの視点からのプリンが明らかになって欲しいんです。
それによってはアリですよね!
書き込んで下さった見立てになるのかも知れません。
期待して待ってみましょうよね!


また これからも覗いてやって下さいね!
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ