【第864話考察】プリンの心をわかってあげられる人物

週刊少年ジャンプ 最新号が発売されましたね。

ここでは
ONE PIECE最新話を読んで
私が 考える事を書こうと思います。
 
いつもの連載考察は お休みです。
本心を言えよ!
本音でブツかり合える。
そんな存在…

第864話を マンガ筋は どう読む?



FC2Blog Ranking

今回はプリンの話題も外せません。
注目ポイントは…
サンジとプリン
そうやって自分もダマしてたのか?

…ではなくて。

むしろ その後の部分に注目したいんです。
サンジに向けた銃口
銃を持つ手が震えるプリン。
そのセリフなんですよね。


う!! …うるせェ!!
てめェなんかに…!!!
(第864話)




ここに続く言葉は何だと思われます?
色んな考え方があるとは思います。
私は こう読みました。


てめェなんかに…!!
私の気持ちがわかるもんか!!



↑ こうプリンはサンジに言いたいのかな?と。
自然な流れなんじゃないかと思うんですね。
そう考えたと同時に アレ?と思ったんです。


プリンが自分の事をダマしていた。
それは、
自由な恋愛(結婚)がしたいって事であって。
結婚相手を楽しみにしてたプリン
子供の頃から楽しみにしてたんでしたよね。
どんな相手と結婚するのかなぁって。
上の言葉は演技を超えてると思うんです。
おそらくは本心だっただろうと。

そんな自分をプリンはダマして生きて来た。
自由な結婚なんて望んでないよ、と。
プリンに語りかけるマム
全てはママの言う通りに。
まるでマムのお人形の様に。
一番のお気に入りで…。
そうやって自分を偽って生きて来たのではないかな。


こういう風に考えるならね?
プリンとサンジは似た部分があるんですよ!
サンジの冒険は終わり
サンジも自分を偽ったんですよね。
本当は仲間の下に帰りたい。
しかし それは望んではいけないモノなんだって。
プリンも分かってたハズです。


それなのに なぜなんでしょう。
サンジの「自分の事もか? プリンちゃん」に対し、
サンジに向けた銃口
「てめェなんかに…!」 と。
なぜ こんな言葉を返してしまうのだろう。
似た者同士で描いてる節があると思ってたのに。


そこで 思い当たったんです。



サンジとプリンには決定的な違いがあるんです!
それをプリンは痛感したんだと思います。
自分とサンジには、
「三つ目」「失敗作」で生まれた為による
虐められる子供の頃のプリン
似た境遇を過ごした過去があって。
自分を偽って望まぬ人生を受け入れた共通点がある。
ここまでは良い。似た者同士と言える。
が しかし、
プリンには無いものをサンジは持っている。
それを知った!


2つの描写を見て欲しいんです。
サンジを殴るルフィ
↑ ルフィに殴られるサンジ。
プリンを殴りつけるダイフク
↑ ダイフクに殴られるプリン。

同じ殴られるにしても、
その2つには大きな違いがあると思うんですね。
片方にはあって もう片方には無いもの。
…とか書くとクサいんですが。
まさに それだと思うんですよ!


相手は新世界の皇帝である四皇マム。
それに物怖じする事なく、
サンジという たった1人の人間を連れ戻す為に
必ず帰って来て貰うからね サンジ君!
少数でも一丸となって立ち向かってくれる仲間。
それがサンジには存在してる!


かたや プリンには…。
最高の結婚式にしようと言うモンドール
可愛い妹とモンドールは言ってるんだけどね。
そもそもプリンの為の最高の結婚式なんて存在してない!
それはマムが欲しいものを手にする儀式。
モンドールの“言葉”はプリンに向いてますが、
単なる言葉だけのものであって。
真に子供達が向いてるのはマムの方なんですよ。
兄オペラは保身の為に嘘の報告をする始末。

今回 サンジと対峙していても
誰もプリンを守ろうとする兄弟もなくて。
プリンもろとも攻撃するダイフク
プリンがいても 御構いなしに攻撃。
あまつさえ プリンはサンジに守られてます。
更にダイフクには失敗を咎められてバシン。
もう メチャクチャです。



何が言いたいかというとね。

サンジにはプリンの心を溶かす事が可能なのかな?

ここなんです!


プリンにとって
サンジは
恵まれた人間



てめェには私の事なんて分かるワケがない!



どうしたってプリンが そう思ってしまうのならね。
どれだけサンジが手を差し伸べたとしても、
プリンの心が受け入れるのかどうか。
ちょっと難しい問題が出て来たぞ、と。
今回のセリフを見て思ったんですよ。
どうしたって拒んでしまうんじゃないかって。
やはり プリンには
サンジとは違う誰かが必要なのかも知れません。
サンジにとってのルフィ達の様な存在。
となれば…
ローラとプリン
大好きな姉さんローラになるのかなぁ。



第850話でプリンが言ってます。
プリンの本性は家族しか知らない
私の本性は家族しか知らないの


本当に そうなのだろうか。
家族の知るプリンというのは、偽りのプリンではないのかな?
自分をダマして生きて来たプリンじゃないかなぁ。
しかし たった1人だけいる。
自由な結婚がしたいと本音(本性)を話せた たった1人の家族。
それがローラなんだとしたら。
ローラの前だけは素直な自分でいる事が出来たすれば。

プリンには誰でもない、
ローラの言葉が必要なのかも知れません。


某漫画の「バスケがしたいです」ではないですが。
ローラが現れて、
ガクッとプリンが崩れ落ちたりしてね。
そこでやっとプリンも本音が言えるだとか。
チョイと想像したりしてます(笑





そうは言っても、
ローラの再登場はあるかどうか分かりません。
サンジにも頑張って欲しい気持ちも。
もう少しプリンの様子にも注意したいです!



どうでしょうね。



プリンの心を救ってあげられる人物。
それはサンジかローラか。
はたまた別の誰かになるのか。
面白くなって来ると思いますよ〜!



ありがとうございました!!!


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

確かにマムの子供たち同士(正確には異父兄弟姉妹間?)だと、打算と言えばいいのか、表向きは兎も角内側では覚めてる感じですね…。薄っぺらい。これは母親に原因があるでしょうね…多分。
ある意味海賊的なのでしょうか?
ルフィや白ひげ、シャンクスの様な海賊は、例え血の繋がりがなくとも結束してますが、マムの場合は真逆、血の繋がりはあれど絆などない(或いは薄っぺらい)(前もどこかの記事でコメントした気がしますが…)。
そんな中でそれぞれ過ごしてきたサンジとプリン。分かり合えるのか? プリンは受け付けるのか? 難しくなってきました( ̄▽ ̄;)
ならローラ? ローラ再登場を望む声もあり、私もその中の一人ですが、現在、再登場の気配がないので疑問です。
ローラかサンジか。どうなるか分かりませんが、これからのストーリーでプリンがサンジを受け入れられる心情に変わっていくのかも知れませんね…
しかしそう考えると、プリンは寂しい子だった訳ですね。
私は今の所、プリンに同父兄弟姉妹は居ないのでは?と考えてます。実際どうかは不明ですが、そうだとしたら、プリンの孤独は如何程か…
でも、サンジには謝ってね!!(笑)

いやー、こう最初はムカつく・嫌いだったのが、後から素敵・好きになるキャラクターはたまにいますが、プリンはどっちだ? 因みにハンコックがそうでした( ̄▽ ̄;)(私は)

Re: タイトルなし

凪ノ介さん! コメントありがとうございます!

ハンコックの頃はまだ考察ブログはスタートしてませんで。
もう始めてたなら 惚れちゃうなんて書いてなかったと思います(笑
私には予想外の展開というか深く考えもしてなかったです。

プリンはおそらく最終的にルフィ達の為に動いてくれそうですが。
サンジからなのかローラなのか。
間違いなくサンジだと思ってたのにね。
今回のセリフは色々と考えさせるモノがありました。

私もプリンには同じ父を持つ兄弟姉妹はいないと思います! 同感です!
一心同体で助けてくれる人に恵まれなかったのでしょう。
それゆえの孤独はあったっぽいです。三つ目族は1人だけ。
そういう意味でもサンジの今後。イチジ達のサンジとの共闘の流れがあるのならね。
更にプリンがコジらせる流れもあるかも。

何を尾田先生が描きたいのかを探りたいですね。
そこが判明すれば一本道で先が予想できそうな雰囲気もあって。
もう少し見守りたいと思います!

この場合の王道の流れって何ななるんでしょうね。
マムとカルメルの事もありますし。
誰が報われて 誰が転落するんでしょう。
明らかになるのが楽しみです! フフ


サンジには誤ってくれるでしょう。
素直なプリンはきっと…。

プリンを溶かす

サンジではない気がしますねぇ。
プリンは四六時中演技をしながらサンジの事をキモいと思ってきました、その気持ちは本当だと思うので例え心が溶けたとしてもサンジにはぶっ殺すとか言いそう。でも、ウエッティは前にコメントでサンジに惚れてみんなを助ける的な事を書いてしまったのですが、ここまで見てみるとどうやら本当に嫌そう(笑)
となると、ローラに役柄が回って来そうな。
今のところどの場面で登場してくるか全く読めないのですが、おそらくプリン対ビックマムの構図になった時になる。

登場するか分かんないですが。

ヌケガケ・ダメ・ゼッタイ

真夜中、定時出勤です・・

プリンさんの心の闇は深いです。
それは何人も騙してきた事への「罪の意識」の重さであり・・

騙していた事を相手にバラす時・・
サンジにしたように、騙した相手に「3つ目」を見せていたなら?
そして、その度に気味悪がられていたのなら?

プリンさんの心が救われる事、
それは容易い事では無いでしょう。

しかしながら、ナミさんやロビンちゃんも「自分を騙して生きてきた」過去を仲間に救われています。
いや、ひっしさんの考察にあった今回のサンジも含めて、多くの登場人物達が「助けて!」と本当の気持ちを自らの声で伝える事が出来た時・・

初めて、それぞれの「真の物語」が動き出すんですよね。
(本当に苦しい時に「助けて」と言うのは、実は簡単な事ではないんですよねぇ、シミジミ・・)

彼女が「本当の気持ち」を誰に伝えるのか?

ワタシはやはりサンジであって欲しいかな?
ヴィンスモーク家を救おうとするサンジだからこそ。
プリンさんを救えるのもサンジしかいないかな?と。
なんといっても、今年は「サンジイヤー」ですから!
サンジが、プリンさんを救うシーンを見たいんです。

もうこれは、考察ではなく願望です!
12月の「ブラック・クリスマス」からの(笑 

追伸
プリンさんが、「求婚の旅」に出た時には是非とも関西に寄って欲しいです
あっ、ひっしさん。
抜け駆けはダメですよ!

Re: プリンを溶かす

ウエッティさん! コメントありがとうございます!

おはようございますになっちゃいました。
コメントを頂いてるの分かってたんですけどね。
夜にお返事できない横槍が入っちゃって…。
ゴメンなさい!


ここは難しいトコロなんですが。
思っちゃったんですよね。
プリンに比べてサンジは恵まれ過ぎてるんじゃないかと。
そんなヒガミと言うか。
そういう部分を溶かしてやれるのは大好きなローラ姉さんなのかなと。
家族の存在なんですよね。
登場して欲しいなぁ ローラには。

もう第3の目の事でコロリとなるのかと思ってたらね。
まだサンジの事を撃ったりしてますし。
闇は深いですね。思った以上に(汗

しかし もしも心が溶けたとすればね。
素直なプリンというのは優しいプリンなのかも。
ここは期待しても良いかも知れませんよ?
プリンの力は最終的にサンジにとっても必要になりそうな。
もう少し流れを見守りましょうか。

Re: ヌケガケ・ダメ・ゼッタイ

プリンちゃんダーさん! コメントありがとうございます!

あらら 真夜中に定時出勤ですか。
まだ今は頑張ってらっしゃる時間なのかな?
お疲れ様です!


ちゃんダーさんは やはりサンジに期待したいと。
分かります!
私も少し最後に書かせて頂きましたけれど。
サンジにも頑張って欲しい気持ちもあります。
ここは まだ少し見極めるには早かったかな? フフ

願望。大いにアリだと思いますね!

色んな見方でプリンとサンジの行方は見守りたいですもんね。
まだ頑ななプリンがいますよね。
正直な気持ちの吐露。
どのタイミングなのか この深い闇を溶かしてあげたいです。
私なら できるかも(笑
抜け駆けはよしてと言われましても… 男ひっしにはムリかなぁ。

ハハハ 怒られるぞ〜 ……。


もう少し どうなるか考えてみますね!

No title

さらにこちらも。

プリンの心をわかってあげられそうなのは、
ローラ と サンジ がまっ先にあがりますね。

他に可能性があるとすれば、
・マムに愛情を注がれず、反逆行動にでた シフォン
・マムに忠誠を尽くしつつも、いつも空回り、名前も似ている ブリュレ
・未だに登場しない、登場するのかもわからない プリンの父親
・プリンの「醜い三つ目」を隠すため メモメモの実 を与えた人物
があがるでしょうか。

まぁ、最後の メモメモの実 はマムが渡したとか、
宝物庫からこっそり持ち出した可能性が高いのかな? (^^ゞ


果たしてローラの再登場はあるのか?
4月7日の記事コメントのあの人物、ラビヤンを使った空からの登場、
ワダツミを使った登場くらいしか 城の頂上に到着する方法が想像できません (^^ゞ

登場して欲しいのに・・・焦らしますね~(笑)

Re: No title

みそさん! コメントありがとうございます!

ローラにしてもギンにしても…

もう くじけそうです(笑


出ないのかなぁ〜? ってね。


プリンがまだ今回もサンジを撃ったりしてて。
なかなか スンナリとは行きませんね。
どの要素が足りないんでしょう。
サンジの言葉が少しずつ解きほぐして行くのか。
そうではない誰からかの言葉が必要なのか。

シフォンにも期待したいですよね。
まぁ ローラに惚れてもシフォンには惚れずのロキ。
ここに少なからず違いもありそうな。

ブリュレのマムに対する想い。
それは恐怖の縛りか 本当の母への愛か。
ここも明かされそうな予感も。


ラビヤンがいないんですよね。
城の最上階への乱入には必要なんです。
期待したいです!

No title

ひっしさん、皆さん、どうもです。
サンジがベールを上げておでこにチューはなくなりましたが、新たにサンジの涙がプリンの第三の目に落ちる、というのを期待しております。
プリンに三つ目族のチートな力が覚醒する。

元々サンジを連れ戻しに来たのですから、ルフィの「ぶっとばす」発言はなくていいんです。
でも、魚人島、HCIの牢屋でケンカを売っているにも拘らず、「ぶっとばす」感が全然ないし、感じられない。
やはり、どちらにも(ルフィ、マム、ジェルマ)ハッピーエンドがあると期待します。
息も絶え絶え逃げて来たではなく、いつものような納得のいく別れに決着してほしいですね。
それには、プリン(三つ目族のチートパワー)にこっそり期待しています。

Re: No title

ワーテルさん! コメントありがとうございます!

おぉお サンジの涙が第3の目に落ちると。
イイですねェ。
すごくロマンチックな展開がありそうな流れ!
面白いですよね!

ルフィとしてはサンジとポーネグリフという目的はほぼ達成。
あとはジェルマを助けるだけ。
ここは良いエンドが確定してると考えて良さそう。
あとはマム。こちらは悪いエンドばかりか…と言うと違ってて。
マムの支配から子供達(特にプリン?)が解放の流れも?
またはカルメル関係でマムにも何かが?
期待したいですね!

プリンは何かしらサンジ達の助けをしてくれそう。
三つ目族の力。 面白くなりそうですね!

サンジとプリンの比較

ひっしさん ここにもコメントしますね。

サンジとプリンの比較も注目ですよね。 サンジは仲間の元に帰りたい、プリンは自由な結婚がしたい、

しかしサンジには ルフィたちが自分を取り返すために一丸になってくれる
プリンには 兄弟の結束がない・・・
結局プリンには ホールケーキ内には味方はいなかったんでしょう。

が・・・プリンの心を解きほくしてくれるかもしれないであろう、ローラ・・・

ローラは 巨人族との政略結婚を断ったために あのようにマムの怒りを買い 居場所がわかれば暗殺者を差し向ける気でいます。
再登場を期待したのですが いかんせん 大乱戦になったお茶会・・・
どう登場していいのやら・・・来たとしても間違いなく 消そうとするでしょう・・・
ただ マムはパニック状態になっています。自分を制御する理性もおそらくないでしょう。
と、したらマムの代わりに兄弟たちが ローラを裏切者として殺害しようと仕掛けてくるかもしれませんし・・・

ローラの名前が出る割には  ローラが来そうな気配がない・・・
プリンの心を解きほぐすキーパーソンになってほしいのですが・・

ごめんなさい、ここは ホント 予測が難しいです



Re: サンジとプリンの比較

zebraさん! コメントありがとうございます!

おはようございます〜!

ローラの登場が見えて来ませんね。ホントに
おそらくなんですがね。
サンジにとってのルフィ達やゼフの存在が、プリンにとってのローラであって。
過去に何があったのかは分かりませんけども。
心を開ける存在はローラただ1人なんじゃないかな?と。
こう考えるなら絶対に出て来てくれないと話になりません(汗

私からもゴメンなさいです。 はぁ

他のラインも考えてるんですけどね。
どうにもダメっす(笑


もう少しだけ流れを見ましょうかね…。

長いコメントになります

もう最新話来てるけど先にこちらにおじゃま

サンジが解放するであろう 本当のプリン

この前の記事”ダイフク”についてのコメント欄にて
かなり掘ってましたね、フライングです(笑)

さて、”サンジがプリンを解放する”
とは書きましたけど、それはサンジが
意図して解放するのではなくて
プリン自身が彼らの行動を見て
自らを解放するのだろうと思うんです


てめェなんかに…!!
私の気持ちがわかるもんか!!

そう強がっていても。
自分の本心を閉じ込めてママの求める理想の自分を演じていても
自分にウソをつき続けていても、いつか崩壊するときが来る
もうわかっているんだとは思うんですけどね

プリンは今
マム同様に本当の自分って何?って混乱してる最中かも

そして、この指摘した字体がプリンの本心だとすれば
プリンの心にはイーストブルーのハリケーンが発生するんだと思うんです
強がり女子の本心に恋の嵐が(笑)


さて、もっと言えば、マムの子供たちすべてが自分を偽っているとも思えます
全てはママに怒られたくないが故に、本当の自分(の考え)は出せていない

「血縁」という名のもとに必然的に出来上がる「家族」
互いに互いを思いやり助け合うはずの家族が
互いが互いの「欲」のために利用しあうシャーロット家

ここには、サンジを超えてルフィの出番でしょうか?
目には見えない「絆」でまとまる麦わらの一味、その船長

マムの子供たちは、その恐怖故に本来あるべきはずの行動をとりません
マムへの思いやり
これが無いように思います
全ての元凶はマムとは言えど・・・
あるべきはずの家族の姿がそこにはない

ココに「家族」を知らないルフィがどう踏み込むのか?

最終的に気絶しているマムの記憶を子供たちが見て
プリンがそれを編集
マムもトットランドも生まれ変わる
プリンのクレジットが「○○○○○」と表記される

そんな妄想をしました



炎のみっちゃん!!
以前のコメントのお答えですね
そうだとは思っていましたがコメントへの返信を忘れてました
安西先生もまた、マム体型・・・(笑)


最後に
前にも書きましたが私はローラはホールケーキには現れない派です
現れないけど、新聞で結婚が判明
または、プリンにお手紙でも届くのかな?
そんな気がしてます

Re: 長いコメントになります

からからかんさん! コメントありがとうございます!

チョイと次の話を出さねばならないんですが。

このマムの過去編において明かされるのは何か。
それは たぶん…
親と子、血縁、血の繋がらない親子、種族、そして家族。

どうやらプリンのアレコレとも繋げて来る可能性アリです。
三つ目族のプリンの過去とマムの過去で。
ひとまずプリンを置いた。
サンジによるヴィンスモーク救出を先に出した。

この構成は非常に興味深いんですね。
ブルックが割った時でも良かったのに。
ワンバウンド置いたんです。


マムにとっての救いがマザーならば、プリンの救いは何か。
これが他の子供達にも波及するのかも知れませんね。
家族とは? の原点に立ち返る物語が待ってるのかも。


さぁ プリンは惚れちゃう? ハリケーン?
ここは大いに期待したいですね。
サンジイヤー延長年。今年の落とし所に。
私も甘酸っぱくなってポッとなるかな?


からさんは過去キャラの再登場にはあまり興味がなくて。
ローラはどうなりますかね… フフフ
出ないパターンもあります。
でも また出るって記事にするかもっす(笑
その時は 許してね!

プリンの件に関しては特にサンジが頑張る必要はないかなと思います。サンジにはヴィンスモークの件などもっと重要な問題が残ってますし、そっちに集中してほしい。
プリンはいくら同情できる過去があるからといってこれまでの行いが許されるわけでも無い。それ言ったら今までのミンゴのような悪役も許すと同じです。どんな悪いやつでも何かしらキッカケがあってああなるのは同じですよね。
これに関しては後は自分で答えを出して欲しいですね。今回の出来事だけで簡単に改心出来るとも思えませんが。

Re: タイトルなし

どちら様かコメントありがとうございます!

分かります! そうなんですよね…

あのプリンの行動は許されるモノではなくて。
ただ ヴィオラの例があるんですよね。
ここが どうにも引っかかってしまって。

ルフィ達を騙したのも演技なら、今のプリンも演技。
その本性は家族の中でもローラだけが知ってる。
本性というのは、実はルフィやサンジの前で演技してた あのプリンであって。
こんなオチが待ってる様な気もしてます。
改心というには少し違ってて。
演技と素の状態のプリン。何が本当か分からなくしてそうな。


複雑ですけどね(笑


しかし サンジにはジェルマとのケリも重要!
これは外せませんね! 同感です!
難しいですよね。どう展開して行くんでしょう。
色々と考えてみます!
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ