【第865話考察】マザー・カルメルは元海賊の修道女

週刊少年ジャンプ 最新号が発売されましたね。

ここでは
ONE PIECE最新話を読んで
私が 考える事を書こうと思います。
 
いつもの連載考察は お休みです。
オールブルーを見つけるんだ!
それは伝説の海の名…。

第865話を マンガ筋は どう読む?



FC2Blog Ranking

さぁ 今回はマザー・カルメルで行きますね!
去って行くマザー
どこへ行ったんでしょうね。
そこには哀しき物語がありそうな。


まずカルメル本人に行く前に。
トットランドの目指す…
マムの目指す万国(トットランド)の理想。
これにカルメルは絡んでると考えてます!
マムが独自でトットランドを作ろうと思いついたのではない。
カルメルの影響があるからこそ。
そしてまた、
トットランドを作ればカルメルが来てくれるとマムは考えた。
この考えが まずあります。
ここから広がる話です。


さて 始めましょうか!


では トットランドとはどんな国なのか。


世界中の全種族が
差別なく暮らせる国



ONE PIECEには こういうのもある!


四つの海にいる
全種類の魚達が
住んでる海…



グランドラインが入ってません。
それはソレで意味がありそうです。
最終的に世界は どうなってしまうのか。
…ここは広げずに。
四つの海の全種類 ≒ 世界の全種類
こう考えようと思います。


オールブルーという海域には、
オールブルー
世界中の全種類の魚達が住んでいる!

ホールケーキアイランドを中心とする
万国(トットランド)
34の島々で構成される海域
トットランドと呼ぶんでしたよね。
そこに世界中の全種族が暮らす!
巨人族は除外とはいえです。
理想は巨人族を含めた全種族なんです。



・魚バージョンがオールブルー
・人類バージョンがトットランド



ザックリとですがね。
こう捉えて良いと言えるのではないでしょうか。
オールブルーは伝説の海。
存在すると思います! 本当にある!
あるいは復活する!
サンジの夢は叶うハズだから!
ならば トットランドはどうでしょうか。
あるのではないかな?
本当にある! あるいは復活する!
まさか これが…
かつて栄えた その王国の名は
かつて栄えた王国の名ではないだろうか。
そのマガイモノをマムは作ろうとしてる?

ここは別でシッカリと書きたいです!
今回の記事では続けずにおきます。
その王国の名ではなくてね。それは別で。
浮かび上がった ある巨大な王国の姿
巨大な王国が作ろうとした理想郷。
それが万国(トットランド)。
この世の全てだ!
ロジャーの言葉と同じ「この世の全て」。
それを阻止したのが20人の王達だとか。
そんな話をさせて頂こうかと考えてます。


話を戻させて頂きまして。


オールブルーを探していた海賊がいます。
サンジとゼフは同じ夢を持っていた
若き日の赫足のゼフですよね。
その人物はサンジにとって恩人であって。
彼こそがサンジにとっての真の父と呼べる人物。
ただし 育ての親ですよね。
タマゴ男爵から渡された切り札
タマゴ男爵から「弱点」とジャッジが渡されたのは、
ゼフの写真
ゼフの写真だったんでしたよね!
この部分 何回も書いてますけど重要です。


もう何から何まで、
にこっと微笑むマザー
マムにとってのカルメルと言えるのではないでしょうか。
カルメルはマムにとっての恩人らしくて、
その写真こそが唯一の弱点なんですから。


つまりはね。
ゼフの人物像を探る事によって
カルメルの人物像も浮き彫りになる!

こういう構図じゃないかと。


かつてカルメルは
トットランドという理想郷を求めて海に出た海賊船長!
やはり巨人族ではない人間でしょうか。
その夢を追い求めるというのは、
空白の100年を解き明かすのと同じであり、
ラフテル
ラフテルを目指す旅だったのではないか。
しかし何らかの理由で諦める事になった。
仲間を全て失う事となったのかもね。
それで海賊時代の行いに赦しを求めて修道女となっていた。
(どうしてもタバコはやめられない)
神に祈る日々を送る。
そんな修道女であるカルメルが、
63年前 新世界「エルバフ」
エルバフを訪れるトコロから物語はスタート。
ちょうど今から63年前のお話。


マムはカルメルの意志を継ぎ…
サンジとゼフ
あるいはカルメルの言葉を受けて…
トットランドの理想の実現と、
ラフテルを目指す海賊となった。


カルメルはエルバフにいた人ではなくて。
突然の出会いからスタートするのではないでしょうか。
運命的な出会いを果たすトコロから。
一方のマムはエルバフにいた。
エルバフに長く暮らしていたカルメルが急に失踪するのではなくてね。
彼女は訪問者、または漂流者であって。
居なくなるのには理由があるにせよ、
エルバフに居場所がなくなったりではないのかも。
ただしマムには、
ずっと一緒にいようと言ってくれてたのかな?



この過去編では事件が起こると思うんですね。
これも やはりゼフとサンジと同じく、
痩せ細るサンジ
飢餓状態となるシーンがあるのかも。
その経験がマムにはあるから、
マムの食いわずらい
食いわずらいの発作が起こるのであって。
(PTSDと言って良いと思います)
発作前のマム
食いわずらいの発作と写真の発作は
別ではあるんだけど初期症状は同じなんですね。
根ざすモノは同じなのかも知れません。



カルメルとゼフには共通点があるのかも。
カルメルは元は海賊船長。今は修道女。
ラフテルへ行くのと同じモノを目指していた。
その志を追ってマムは海賊になった。
同じ夢を持ち、その意志を継いで。
(マムはマムで差別を受けていたのかも)
ラフテルの巨人族ではなくて。
長くエルバフに暮らしていたワケでもない。
人間であってエルバフへの訪問者。
マムとカルメルには突然の出会いがあって。
カルメルは修道院をエルバフに作るのかな?
そこでマムが飢える様な事件が起こる…


ここまでが思い浮かびました!


どうでしょうね。 ハハハ


楽しみに過去編を待ちたいです!



ありがとうございました!!!


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

トッドランドとオールブルーかあ~

ひっしさん こんにちワニ貴族~

トットランド👇
<世界中の全種族が差別なく暮らせる国>・・・マムの理想を追い求めた結果 築き上げた国

オールブルー👇
<四つの海にいる全種類の魚達が住んでる海…>・・・サンジが幼いころに追い求めてる冒険の目的



 ひっしさんの比較絞殺っていつも 着目点がしいいですね。素晴らしいですよ。だから絞殺がおもいつくんでしょうね。

サンジマム  ゼフの写真カルメルの写真

>カルメルは元は海賊船長。今は修道女。
ラフテルへ行くのと同じモノを目指していた。
その志を追ってマムは海賊になった。
同じ夢を持ち、その意志を継いで。
 なんか サンじとマム・・・似た者同士ですね。でも 似ていて非なる者 相容れぬ者同士。トッドランドには巨人がいない・・・そう・・・マムの加古があるから・・・そして ローラにお破談にされたから・・・

やはりトッドランドの根幹はカルメル似合って考えてよさそうですね。いきさつをみまもりましょう。

 むろん 扉絵の「押しかけ麦わら大船団」も 同時にね


No title

前記事のコメントラスト文章力なさすぎ&誤字でわけわからないことになってました(汗

サンジ
プリンの対比です

恩人レイジュに救われたサンジが自由を求めて海へ出た
プリンを助けた恩人ローラが自由な恋愛を求めて海へ出た

こんな感じです。
サンジにとってのレイジュがプリンにとってのローラ

そしてそして
ゼフ&カルメルの対比お見事です!

オールブルーという理想郷を夢見るゼフ
その意思を継ぐサンジがオールブルーを見つける

トッドランドという理想郷を夢見るカルメル
その意思を間違って?継いだビッグマム?笑
改心したのちに真にカルメルの意思を継ぐプリンがトッドランドを作る!?

その意思をそれぞれ継ぐ二人とルフィが作る世界が
オールブルー&トッドランドの陸海の種族が住む国なのですかね?

なんかいいなぁロマンですね◎

ひっし考察!あると思いますッッッ!!

Re: トッドランドとオールブルーかあ~

zebraさん! コメントありがとうございます!

比較絞殺って …怖いよ〜! ハハハ

こんにちワンダーランド(キャロット調で


急いじゃったのかな? たぶん
まぁ 誤字については私も言えませんからね。


オールブルーとトットランドは気になってます!
サンジにとって重要な章になってますしね。
魚の世界に差別なんて どうかと思われますが。
弱肉強食の世界であっても それなりに仲良く魚達が暮らす海って事でしょうし。
共通点がある様に描くのかも知れません。

ここは待ちたいですね。

さぁ どうなりますか。
私の着眼点。イイ線行ってたら良いんですけどね。
さらに考えてみます!

Re: No title

ジャングさん! コメントありがとうございます!

ありますかね? ハハハ

心強いです! 書いて良かったぁ。


サンジとプリン、そこにローラやレイジュ。
これはありますね! 分かります!
これがどうプリンの今後に繋がって行くのかです。
注目したいですよね。
面白くなって来ると思いますよ!


真のトットランドはルフィが成すと考えてます!
マムではダメ。
またオールブルーも作り出すのかも知れません。
今は色んなモノに不均衡が存在していて。
やはり ブチ壊すんでしょうかね。
その為の力が必要となって来る様な気がします。


このマムの回想は かなり重要な意味を持って来そう。
固唾を飲んで見守りたいです!

No title

ひっしさん、皆さん、どうもです。
マザーの写真を見て、チョイ悪修道女かよってツッコミ入れたいですよね。
なんか昔は海賊という記事を読んで、どうしてもタバコはやめられなかったのね、
と可愛さを感じてしまいます。
人間だもの。

オールブルーとトッドランド、ゼフとマザー。
ひっしさんの言いたい事伝わりましたし、大いに有りですね。

Re: No title

ワーテルさん! コメントありがとうございます!

チョイ悪修道女! ハハハ!

面白いなぁ。 言い得て妙とは この事!
そこへ相田みつをさん(笑


私の説明。伝わって頂けました? フフ
良かったです!
どうでしょうね。期待したいです!

今 もう一つ記事を入れたトコロだったんですよ。
合わせて読んで頂いてね。
また色々と考えが深まればと思ってます!


色んな予想が出来そうなカルメル。
果たして どんな人物なんでしょうね。
楽しいです!

No title

こんばんは。
先程まで飲み会、明日も仕事なので、軽く・・・でもないけどコチラだけ(笑)
まとまりのない文章でしたらご勘弁を m(_ _)m


カルメルは元海賊か元海兵か・・・。
個人的な感想を言えば。元海賊に一票でしょうか。
マムは海賊になり、四皇へ昇りつめた。
それに対して元海兵は違和感が。


元海賊で修道女。
私はそういうの詳しくないのですが、現実世界で調べてみると、
『修道女中尉』と呼ばれる
『カタリナ・デ・エラウソ』
という人物がいるみたいです。

『カタリナ・デ・エラウソ』
名前からなんとなく想像できそうですが、
黒ひげ海賊団『カタリーナ・デボン』のモデルではないか?
と言われる人物です。

スペインでは『ジャンヌ・ダルク』のような英雄扱いを受ける
女海賊みたいですね。

まぁ、興味があったら調べてみて下さい。
マムやカルメルの写真(肖像画の逸話はあるみたい?)との接点は
私には見つけられませんでした (^^ゞ


ところで、カルメルが元海賊、もしくは元海兵だったとして、
以前の行いを悔いて修道女になったことになるんでしょうか?

となると、誇りを捨てて修道女になったのかなぁ?
それでは『誇りが宝』のエルバフの民との衝突は必至。
それがエルバフを去った理由にも繋がったり?


Re: No title

みそさん! コメントありがとうございます!

こんばんは!

明日もお仕事ですかぁ。
この時期に忙しくなる職種なのかな?
頑張って下さいね!


やはり海賊の子は海賊で落としてくるのかな?
育ての親だとしても。
こちらの方がすんなり来ますね!

しかし 元海賊で修道女が現実にもいたとは!
これは面白いですね〜。
正直 これは興味あります! 調べてみますね!
ありがとうございます!
こういうのは みそさんがいつも教えて下さいますから。
助かります!


修道女になる経緯については やはりゼフの事が頭にありまして。
海賊引退のキッカケに仲間達があったりと。
しかし みそさんの書いて下さった流れも興味深いですね!
エルバフという土地との絡みも考えたいです!
まぁ ゼフと対比するのが合ってるかは分かりませんけどね。 へへ
非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ここんトコ書いた記事

無断転載禁止ですよ〜い

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

投票BOX

FC2掲示板

掲示板では色んな雑談やトレクルの話、記事とは別の考察を頂いたりしております。

↓ よろしければ御訪問下さいませ!


考察内容が良ければポチッとな

FC2ブログランキング

ポチっと応援お願いしまっス! 上位に行きてェ!

FC2Blog Ranking

目指すはワンピースブログ1位

ONE PIECEカテゴリー 一番目指して やとっります!

amazon検索

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ONE PIECEブログランキング

漫画考察・研究のランキング

カウンター

ページトップへ